お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 宰府参詣道_長崎街道長尾口

長崎街道の飯塚宿-内野宿間長尾から右手(西方に)山口村を通り、米の山峠を越えて太宰府天満宮に向かう道とある。この道は冷水峠が開通する江戸時代初めまでは、豊前田川地方と宰府を結ぶ唯一の重要な道であったという。 文明12年(1480)連歌師の宗祇がこの山道を馬で宰府に越している。

長尾の宰府参詣道口の起点より、推定合流地点までのルートはよく利用された年代は江戸期の前までである。江戸期に入り、内野宿-山家宿間の冷水峠越えの道が開通(慶長17年(1612))してからは、内野宿から推定合流地点経由で宰府への道(「スダワラ越」)のコースをたどることが多くなった。(以上『筑前の街道』より)

当ルートは1:50000 chikeizu | Stanford Digital Repository(昭和16年10月発行の1/5000地形図)と本ページに記している書籍の情報を主に参考に、作者が推定した経路である。

お断り:当地の地理に疎い、理科系出身のド素人が多少の資料を元に推定したもので、科学的根拠は希薄なものとなっている

ルート(概算距離:14212m)26

Top