お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 宰府参詣道_長崎街道原田口

『長崎街道 世界とつながった道』に掲載されている「御笠郡図」(文久2年(1862))を見れば、長崎街道原田宿から(森本)→(木山)→(タラミ)→諸田村→恒松村→永岡村→針摺村の経路で街道が描かれている(()で囲ったの地名は小字と思われる)。これが、原田宿から宰府への参詣道だろう。

当参詣道は、針摺村で日田街道に合流。その後二日市宿もしくは山家参詣道経由で宰府に入ったものと思われる。

『長崎街道 世界とつながった道』によれば、原田宿の町茶屋の休憩者名簿には長崎奉行の家族が江戸への帰り道、原田宿で「宰府御参詣」に備え、お茶漬けを所望したと記されているという。

長崎街道原田宿の東構口を出た所に追分石「左 太宰府天満参詣道」がある。文久4年(1864)に長崎の寄合町の商人が建てたものであるという。 同書の巻末の「北部九州の近世主要街道」図をみれば、原田宿-二日市宿間に街道があったことがわかる。

『筑前名所図会』筑紫神社 原田駅(解説)図をみれば、東構口から山家宿に向かう道とこの二日市宿の向かうと思われる道の分岐状態が描かれている。

当街道の全ルートは『筑前維新の道―さいふみち博多街道』 (九州文化図録撰書)のぶ工房によった。

ルート(概算距離:3791m)33

Top