お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 山家宿

山家宿は慶長16年1611ころほぼ宿場としての体裁が整った。

筑前六宿の一つの宿駅であった。

右の図は筑紫野市教育委員会により、万延元年1860~文久元年1861頃の宿場の復元された図である。 宿場内の街道はほぼ現在も当時のままに残っている。

山家宿の初代代官は、桐山丹波守孫兵衛である。慶長16年1611に黒田長政より知行目録を受けている。 桐山丹波守は、黒田25騎の一人で、山家宿代官として宿駅の創設、冷水峠の開通などの功績がある。

1800年代の当時の様子は『筑前名所図会』によく描かれている。西構口はほぼ現在の形のままである。

『筑前國続風土記』巻之9 御笠郡下の項に下記の記載がみられる。

山家(やまえ)

豊前小倉當國の黒崎、木屋瀬、飯塚をへて、 此宿に来り、是より西原田(はるだ)へ行き、 それより肥前田代(たしろ)を越えて長崎の方に行く東西の通路にて、 宿驛なり。 町あり、國君の新館あり、民家多し。 又博多より二日市を経甘木に行き、 筑後へ通る。南北の大道[1]も此宿の少西にあり、近し。

ルート(概算距離:5199m)40

Top