お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 内野宿

内野宿は、東西山に挟まれた南北にのびる狭い平地にある。JR日豊本線と国道200号線に挟まれている。 ここでは、内野宿東構口から次の宿駅である山家宿までのルートについて記載する。

右の『筑前名所図会』の配置とほぼ同じ街並みの配置が残っている。 宿場内はそれぞれの建物の前には案内板がこまめに設置されており訪れる人には親切である。

下に『筑前國続風土記』巻之12 穂波郡の内容を引用する。

○内野村

山谷の中にある村にして、飯塚より山家に通る驛家也。 民屋多し。

是より西、山をこえて、御笠郡山家(やまえ)の宿へ行く。 其間の坂を冷水越(ひやみずごえ)と云。

内野村むかしはなし。 慶長17年1612、長政公其家臣毛利但馬をして、此地を見そなはしめ、初て、町を立させらる。

是より飯塚へ三里七町、御笠郡山家へニ里廿一町、御笠郡へ越す所の冷水嶺迄一里十町あり。 根地嶽(ねちだけ)と云高山あり、竃門山(そうもんざん)につぎて高し。根地とは内野の社人のいへる號なり。 竃門山山伏の古傳には、根手嶽(ねてだけ)根手権現の云。 大根手権現とて、山上より少下に瓶一あり。 是を神體とす。昔は社あり。今はなし。 瓶のわたり一尺四五寸あり。

内野の谷の上に三箇山とて、山中に三の村あり。夜須郡に属す。 内野と同谷也。 内野より御笠郡山家に越る(たうげ)より、 東の方下二町ばかり山間に、冷水出る所あり。其(かたはら)に石佛あり。 是内野村の境内なり。 是冷水有によりて、其(たうげ)冷水越と云。

ルート(概算距離:6661m)43

Top