お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 田代宿

八坂神社の鳥居の脇の案内板の内容をそのまま記載する。

長崎街道・田代宿

田代(たじろ)は対馬藩基肄父(きやぶ)領の代官所が置かれていたまちであると同時に、 長崎街道25宿・57里のうちに数えられる宿場町でもありました。 また、ここから久留米道日田道が分岐する交通の要衝(ようしょう)でもありました。 江戸時代後期の記録によれば「人家500件(ばかり)、町5丁計につづけり、 茶屋、宿屋多し」となっています。

長崎街道を往来する大名・長崎奉行・幕府役人などが宿泊する「上使(じょうし)屋」は田代町(しも)町に、一般旅行者は田代外町の荒木屋・肥前屋などの旅籠(はたご)に宿泊しています。

外町へ曲がる下町角に一里塚・高札場(こうさつば)があり、 その対面が問屋場(といやば)で人足・馬の継ぎ場となり、外町・昌町の街道分岐点にはそれぞれ追分石が建てられています。

鳥栖市教育委員会

田代は「たじろ」と濁るよみだったようである。 ちなみに、現代では濁らず「たしろ」と読む。

ルート(概算距離:3985m)25

Top