お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 彼杵宿そのぎ

『長崎街道 (肥前佐賀路) (九州文化図録撰書 (2))』によれば、追分より東南側を大村往還(本町・東町)、西北側を平戸往還(街道)と言っていた。

海側は堀川の港で、時津への港であった。この港は元禄7年1694に築港された。 大村往還には駅馬や町別当屋敷、堀川への角には問屋場が置かれていた。 なお平戸街道に面した金谷町にも駅馬が置かれていたがのちに廃止されたという。

嬉野往還の南側に脇本陣・高札場が連なり、今の彼杵神社に本陣があり、その東隣りには彼杵上村庄屋と年貢米の蔵が置かれていた。 制札場の東側に彼杵下村の庄屋があって町の入り口を抑える格好になっている。 2つの庄屋は、文化2年1814大村藩の政策により町村合併が行われ、彼杵村庄屋は上村庄屋に統一された。下庄や跡地には横目付役所が設置され、宿場としても機能がほぼ整ったという。

ここでは、彼杵宿から、次の松原宿の前までのルートについて記載する。

ルート(概算距離:8133m)21

Top