お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 境原宿さかいばる

ここでは境原宿より次の佐賀城下の手前までを記載する。

境原宿 佐賀国道事務所によれば、境原宿もこの手前の神埼宿と同様に 明治7年1874に起こった佐賀の乱で、多くの家が焼けてしまい、当時の街並みの面影はほとんど残っていない。 ただ、恵比寿像だけは生き残ったようで宿場内に点在している。

境原宿は、宿場の出入り口である構口、または木戸がどこにあったのか、それとも、もともと無かったのか分からない。 そのため作者はどこからが宿内なのか判然としない。このことを詮索するのはあまり意味がないのかもしれない。

ここでは、浄覚寺から問屋場までを宿場内と仮定して掲載する。

ルート(概算距離:1666m)13

Top