お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 六角宿

宿の北側の入口はわからない。 南側の入口は現在の六角郵便局のあたりという。

六角郵便局の東側にある六角小学校にはお茶屋があったという(校庭に石碑あり)。 安永6年1777(佐賀8代藩主治茂代)、六角町の大庄屋 黒木権兵衛が献上している。 詳しくは「延命寺墓地の項」を参照のこと。

佐賀藩主が杵島山での鷹狩りの際のお立ち寄り所となっていた。 また、文化3年1806、藩主斉直が、長崎警固見回りに当宿に宿泊した。 (『長崎街道―肥前長崎路と浜道・多良海道 (九州文化図録撰書)』などより)

ここでは、朝鍋追分→六角宿から、次の高町宿の前までのルートについて記載する。

ルート(概算距離:8144m)36

Top