お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 小田宿

小田宿には残念ながら、江戸期を思わせる建物などは少ない。

伊能忠敬の『測量日記』第4巻九州第2次の1の内容を抜粋する。 忠敬は、作者とは逆方向。すなわち北方宿から小田宿へ向かって歩いている。 当時の街道の様子がよくわかる。(ポイントとなる固有名詞は太字体に、数字は英数字にしています。)

文中の"伝右衛門"は大庄屋中島(嶋)伝衛門のことという。

文化9年18129月17日。朝小雨。段々晴、四ツ後又小雨又晴。六ツ後北方町出立。 同所より初、長崎街道測る。

北方村字大添、志久村、左に鎮守稲至社あり。旧跡13塚、故事不知、字中尾、字辺田、字追分、字武雄、字塩田道碑に繋ぐ。 24町49間。

但武雄道本街道、塩田は近道両道嬉野にて出会、焼米村、左に鎮守正一位竜王社、 左に竜王池周囲27,8町≒3km、六角川上、土橋7間、此川汐入海辺迄7里という。 真直ならば4里程にて海辺、字赤坂、野陣子休、福母村字出茶屋、 左に禅宗西福寺あり。

又左1町斗引込鎮守八幡社あり。 字大谷口、下大町村、左に鎮守八幡社あり。 上大町村、下上大町共人家164軒、字畑田、上小田村枝樽原、上小田宿本町、 人家入口、左に樟大木丸10囲斗り。根元に馬頭観音を刻、行基の作という。

又左20間斗上に若宮八幡宮あり。 左制札前問屋場追分より1里21町23間、止宿入口迄3町10間、街道合2里11町22間、 測所打上45間惣測2里12町7間。

9ツ後に着、止宿本陣伝右衛門、別宿利七、大庄屋篠原分右衛門。此夜晴天測。

ここでは、小田宿から焼米追分の前までのルートについて記載する。

ルート(概算距離:7687m)32

Top