お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 直方

直方の町中の街道は平成筑豊鉄道伊田線をジグザグに交差し、縫うように南下する。

直方は、福岡藩の支藩東蓮寺藩四万石の城下町として成立したが、後に本藩に還付され廃藩となった。享保5年1720のことである。 その前までは長崎街道は遠賀川の対岸のルートを通っていた。

廃藩により町の存亡の危機に瀕した町年寄の庄野仁右衛門の藩への願いによって、長崎街道はこの町を通過するように付け替えられる。

以降、直方は城下町から宿舎はなく街道の人馬継立や飲食物の提供のみを行う町場に変わった。

町場は「間の宿(あいのしゅく)」とも呼ばれ、木屋瀬宿と飯塚宿の中継地としての役割を担っていた。

下に、『筑前國続風土記』巻13の内容を記す。(段落、ふりがな、西暦年号は作者が挿入した。)

直方(なふがた)

(さと)始は東蓮寺といへり。 新入村の境内なり。 此所に、そのかみ倉久村内山寺の末寺、東蓮寺 といふ寺ありし故、邑の名とす。 今は其寺なし。 延寶三年1675に改て直方と號す。 是は東蓮寺の名宜しからざる故、其あたりなる 小村の名をとりて名付らる。

元和九年1623、長政公捐館(えんくわん)の 前に遺命して、おほやけに申上、 遠賀、鞍手、嘉麻、三郡の内にて、四十三村 四萬石の地を分ちて、其末子東市正(ひがしのいちのつかさ)隆政[1]に譲り あたへらる。 在所は鞍手郡鷹取古城の邊、然るべきよし遺命 し給う。 寛永三年1625に忠之公の家臣、井上周防、吉田壹岐、 鞍手郡の内にて隆政の居宅に成べき地形を尋て、 楠橋(くすばし)、龍徳、下境など所々見そなはしけるが、 終に此所に邑を定め、屋敷をかまへ、家作りをなす。 家老諸士より以下、其四邊に宅をかまへて移りぬ。 工商も亦おほく集り、町をたて、編戸の民となり、 各其稼業をいとなむ。 是より一の廣邑となる。

然るに隆政寛永十六年1639、病をうけて棄世したまひ、子息なし。 忠之公の二男之勝其あとをつげり。 東市政に任ず。 之勝寛文三年1663に卒したまふ。 直方四萬石の地は、元来長政公に給りし本領の内なれば、 其後公命有て福岡に返したまわりぬ。

元禄元年1688、國主光之公台命を請て、次男黒田長淸公に新田五萬石の 地を分ち與へ、直方に居らしむ。 同五年1693、長淸おほやけに申上、舊宅の地を改め、妙見山に新宅を たてゝ住給ふ。

前に堀をほり、大堤を築て堅とす。 館の東、林樹欝蒼として、喬木雲を凌ぎて生茂れり。 木のもとより道一筋ありて、南にめぐり北に轉じ、五六町をへて 竹の林に至り、柴門南に向かひて一境あり。草ふける屋あり。 静養のところとし給ふ。 西のつづら折を登りて、東をのぞめば、本郡の高山數峯つらなり、 北は遠賀の海濱、蘆屋洋まで遠く見ゆ。 光之公綱政公も、かつて爰、ここ()に来遊し給ふ。

むかし、此所に在し妙見の社は、北の山に移さる。 元禄年中1688-1703、社人靑山祝部が願により、いにしへの神名に かへりて、多賀大明神と改む。 其額は油小路大納言高貞卿の筆なり。

その後、長清の嫡子・長好は福岡藩5代藩主・宣政に子がなかったため養嗣子(のちの福岡藩6代藩主・継高)となった。 享保5年1720長清が没し、長好の他に子が無かったため廃藩となり、所領は福岡藩に還付された。

ルート(概算距離:15160m)72

Top