お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 中原宿

ここでは中原宿より次の神埼宿の手前までを記載する。

案内板の内容をそのまま記載する。

みやき町 長崎街道ものがたり3長崎街道・中原宿(なかばるしゅく)

中原宿の始まりははっきりとは分かっていませんが、正保(しょうほ)3年1646に幕府に提出された「正保絵図(しょうほえず)」には宿(しゅく)を示す記号があることから、このころには宿として成立していたと見られます。 また、元禄14年1701に幕府に提出された「元禄絵図(げんろくえず)」には中原村の記述と宿を示す記号があります。 中原村は鍋島藩の親類筆頭各(しんるいひっとうかく)にあたる白石(しらいし)鍋島家の知行地(ちぎょうち)となっており、中原宿は長崎街道の本宿(ほんしゅく)(公的な宿)でしたが、鳥栖の驫木宿と神埼の神埼宿の間の宿であったため、 規模は小さかったようです。

中原宿には6軒の旅籠(はたご)があり、道の北側には東から泉屋(いずみや)長崎屋(ながさきや)桜屋(さくらや)が、南側には東から松坂屋(まつざかや)大阪屋(おおさかや)岡崎屋(おかざきや)がありました。 看板の左手にある岡崎屋の2階の手すりには「中原驛岡崎屋御定宿(なかばるえきおかざきやおさだめやど)」の透かし彫りが残されています。

中原屋に宿泊した著名人には、洋画家の司馬江漢(しばこうかん)(天明8年1788)、 幕府測量方(そくりょうがた)伊能忠敬(いのうただたか)(文明9年1812)、 思想家の吉田松陰(よしだしょういん)(嘉永3年1850)がいます。 オランダ商館の医師シーボルトは中原宿について「われわれが休んだ中原の村で私は生垣(いけがき)がみんなムメサキウツギ[1]なのを見た。 おそらく日本で最も美しい潅木(かんぼく)のひとつであろう」と記しています。 現在、ウツギの木は祇園社の前に植えられています。

このほかにも江戸と長崎を往復したときのことを旅行記に記している人は多く、その日記を読むと当時の日本の風景が伝わってきます。

みやき町教育委員会

ルート(概算距離:8551m)31

Top