お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 黒崎宿くろさき

黒崎宿は長崎街道の大里・小倉に続く宿場町であった。 また、洞海湾の入江を利用しここより海路で本州に交通する拠点でもあった。

宿場内の案内板の内容を記載する。

黒崎宿跡

黒崎はかつて長崎街道東端の宿駅として、江戸時代には福岡と小倉両藩の境界にあり、 福岡藩では唯一の上方(かみがた)への渡航船(乗合貨客船)が発着する港をもつ 宿場町でした。九州ののど元にあるために、対馬と五島を除く九州西半の全大名や、 多くの旅人がこの宿場を利用しました。江戸時代後半には、これら諸藩の御用達や 定宿(じょうやど)も設けられました。

宿内には、藩主の別館としての御茶屋(本陣)や町茶屋(まちちゃや)(脇本陣)が 設けられていました。 また、宿駅の機関である人馬継所(ひとうまつぎしょ)、行政上の施設である 制札場(せいさつば)関番所(せきばんしょ)郡家(ぐんや)、 代官所などが完備され、一般の旅籠屋(はたご)(旅館)や商店も軒を並べていました。

このほか非常事態に備えて、御立退所(おたちのきしょ)(火災時の避難所)や 御除道(おのよけみち)(伝染病の発生時に宿内の迂回をする道)が設けられて いました。

黒崎宿の北側の道伯山にはその昔黒崎城があったが、一国一城令により廃却された。

黒崎宿周辺のスポットは周辺のスポットを参照のこと。

ここでは黒崎宿より次の木屋瀬宿までのポイントを順を追って記述する。

ルート(概算距離:9731m)58

Top