お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 小倉

小倉は長崎街道唐津街道秋月街道中津街道の分岐点。 海路を除き、ほとんどの旅人たちは、ここを通って本州-九州間を行き来した。

ここより本州へは、小倉・大里・黒崎より海路で渡った。

下に小倉城天守閣脇の案内板の内容をそのまま記す。

小倉城

細川忠興は、慶長5年1600関ヶ原合戦の功により、豊前国全域と 豊後国二郡を領する30万石(検地高39万9千石)の大名として入国、 中津城に在城した。 居城を小倉に移すため慶長7年これまでの小倉の城を廃して新しく築城 をはじめ、その年の12月、小倉城に移った。

城の中心は、天守閣のある本丸と松ノ丸、北ノ丸でこれを囲むようにして 二ノ丸、三ノ丸を配した。

天守閣の外観は五重、内部は六層(現天守閣は、四重五層)である。 これは、五重目の内部が上下二段に分かれているためで、 五重目の下段までは、白壁が塗り込まれ、上段は黒塗りで張り出しに なっている。また天守閣の屋根には、破風(はふ)がなく、当時 この天守閣は、唐造り(からづくり)とされていた。

城のすぐ東を流れる紫川を天然の濠とし、 この川をはさんで東部に曲輪(くるわ)を設け、 城下町をつくった。城郭の総構えは、約8kmにもおよび、 これを濠で囲み、街道に通じる8か所の門を設けた。

寛永9年1632細川氏は、肥後国に移り、替わって 播磨国明石(はりまのくにあかし)城主であった譜代大名の 小笠原忠実(ただざね)が小倉城に入り、15万石を領した。

第2次長州征伐戦の慶応2年18668月1日、小倉藩は、 田川郡に撤退する際、小倉城に火を放ち、 場内の建物はことごとく灰じんに帰した。なお、天守閣は、 天保8年1837の火災で消失、以降再建されなかった。

現在の天守閣は、昭和34年1959鉄筋コンクリートで、再建されたものである。

ルート(概算距離:12686m)75

Top