お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 神埼宿

ここでは神埼宿より次の境原(さかいばる)宿の手前までを記載する。

櫛田社にある案内板の内容をそのまま記載する。

長崎街道神埼宿

神埼宿は、長崎街道沿いに形成された江戸時代の宿場町です。中世末頃に櫛田宮の門前町として成立した街並みを基盤として、江戸時代には五か所の鍵型をした街並みに改変された宿場です。 神埼宿には、藩主や幕府巡見使・長崎奉行などの宿所や休憩所に使用された本陣や脇本陣・問屋場が置かれ、宿場の東西の入口には木戸が設けられ、出入りが厳重に管理されていました。

神埼宿の様子を記録した「神埼百田旧記」によると、天正19年1591に四日町・七日町馬場が立ち、 慶長4年1599八日町立、寛永17年1640横町杉山が開かれ、元和3年1617東溝から三本松まで町立てし、 元禄2年1689ひの柱地蔵町が立ち、宿場としての街並みの整備が元禄期頃に整ったことが伺えます。

シーボルトの「江戸参府紀行」には、神埼は約1000戸の街並みで、八つの町に分かれ、長さ一里に及ぶ宿場で、 非常に多くの神社仏閣があったことが記されています。

また、市立の日を示した二日・四日・五日・七日・八日・九日の町名がある、 市立には、その場所以外での取引を禁ずる神埼市場定め十一条が出されています。

現在、宿場当時の街並みは、佐賀の乱の戦火によりそのほとんどが焼失していますが、 ひのはしら一里塚や原岡家住宅などの明治から大正期の建物が一部見られ、当時の面影を見ることができます。

神埼市教育委員会

宿場内の街道沿いには、10ヶ寺が軒を連ねている。 ほんの1時間ほどあれば、お寺めぐりができます。

ルート(概算距離:6002m)22

Top