お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 原田宿

原田宿は筑前六宿のひとつで、筑後・肥前と接した宿場である。創設は慶長16年1611ころと言われている。

原田宿内にはそれぞれの旧跡の前に金属製の案内板が設置されているが、残念ながら風化の為ほとんどが判読不能である。 関係組織の皆様の改修を切に望むものである。

ここでは長崎街道の原田宿より次の田代宿の手前までについて述べる。

1800年代の当時の様子は『筑前名所図会』に筑紫神社、東構口の位置関係がよく描かれている。

筑前國続風土記』巻之9 御笠郡下の項に下記の記載がみられる。

○原田村

筑前國田代に通る宿驛也。 此宿の西九町に、肥前筑紫筑前三國の境、大路の東小山の上にあり。 三國境と云。 此村は筑紫村の内也。 後わかれて二村となる。

筑前国続風土記拾遺』巻之18 三笠郡 4 原田村の東伯寺の項に下記の記載がある。

此駅より山家駅にゆくと二日市駅にゆくとの街(路)あり。筑紫神社の南側をゆけば山家に到る。 北ハ二日市に出る。

原田宿は長崎街道と、博多もしくは福岡に到る街道との追分の宿でもあった。

原田宿周辺の散策スポットはこちら

ルート(概算距離:7906m)59

Top