お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 長崎街道» 浜宿

街道沿いの天満宮参道口に設置されている案内板の内容を下に記す。

国選定伝統的建造物群保存地区浜庄津町浜金屋町(はましょうづまちはまかなやまち)】【浜中町八本木宿(はまなかまちはっぽんぎしゅく)選定告示 平成18年7月5日

浜庄津町浜金屋町地区[1]浜中町八本木宿地区[2]は多良街道(長崎街道)の宿場町として栄え、 現在の町並みの形態は、宿駅機能が整備された近世初頭には形成されていたと思われます。 長崎警護役を任じられた佐賀藩は、佐賀と長崎の往来の際、多良街道を陸路の主要道として利用しました。 また、鹿島藩の外港であることから、水上交通の拠点としての機能を果たしていました。

伝統的建造物としては、建築物の茅葺(かやぶき)居蔵造(いぐらづくり)の町家・酒蔵・寺社など、工作物に水路の石積み・石橋などがあります。 往時の雰囲気を色濃く残す町並みは、全国の他の都市には見られない景観として大変貴重です。

文化庁・鹿島市・鹿島市教育委員会

酒蔵の多さには驚く。 中島酒造場前の案内板によれば、天保9年1838の記録によれば、浜町には9軒の酒蔵があったという。

観光客の為の専用の駐車場・トイレ完備。 毎年3月末には2日間に渡り肥前浜宿花と酒まつりで賑わう。

ここでは、浜宿から、次の多良宿の前までのルートについて記載する。

ルート(概算距離:14866m)51

Top