お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 唐津街道» 周船寺すぜんじ

周船寺は今宿-前原の間にある場所である。宿場などはなかったようである。

周船寺の名の由来は下に引用する『筑前国続風土記拾遺』巻之46 怡土郡 上 周船寺村に記載されている。

民居は本村 新屋敷2所 官道の左右にあり。 此村名(いにし)へ太宰府有し時、主船司を置て官船を(ここ)に繋きしより出たる名なるへし。 主船司のことは延喜式に見えたり。

隣村飯氏(いいじ)村の内(いぬい)[1]方當村に境へる田宇に船町と云所あり。是又主船司に縁あり。考ふべし。

此村の境内すべて昔の入海の跡なり。本編に雷山の古文書には主船司と書りと見えたり。即是也。 但し今は此文書同山にはなし。又長禄2年(1458)に大内教弘より深川に輿へし書には、怡土郡周船寺と有。是は後のことなるへし。 (後略)

ここでは、周船寺より次の前原宿の手前までを記載する。

ルート(概算距離:5058m)20

Top