お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 唐津街道» 姪浜宿

姪浜(めいのはま)は大型商港姪浜浦に接し、商船で栄えた商人町と、 漁業で栄えた漁師町、それに宿場町が雑居し「姪浜千軒」といわれ繁栄していた。

長崎警備の福岡藩、参勤交代の時の唐津藩の大名行列、幕府の要人などの多数の旅人が往来した。

製塩も盛んで良質の姪浜塩は高級品であったと言う。

筑前國続風土記』巻之20 早良郡上 ○姪浜 の項に下記の内容の記述がある。そのまま引用する。 ふりがな、段落は作者が挿入した。

(あこめ)の濱と云しとかや。 八幡記に、神宮皇后三韓を退治し給ひて御帰の時、 12月4日、此所に着給ひて、袙の御衣を干給ひけるによりて、 袙の濱と號すと云。

何の頃より姪濱と云来しにや。 今は丸隈山中隈山の間の濱を袙濱と云。 是神功皇后より上らせ給と云。

村より(ここ)に道筋有。 凡姪濱は福岡博多の外、國中第一の廣邑にて、 町廣く人家多し。 北条家鎌倉の執権の時は、筑前に探題職を置、 鷲尾山則其居城成しかば、 此邉は則國の府の邑にて繁榮せしとかや。

此所北に山五有。 東を浦山と云。 是鷲尾山[1]と云。 宗祇の筑紫紀行にも、この浦山の景色を譽めたり。 浦山の西に山有。

上に城址有。興雲寺山と云。 是渋川探題の城也と云。 後は斯波左京太夫住せり。 上に毘沙門堂あり。

其西なる山を丸隈山と云。 丸隈山中隈山との間の濱、古より土手有。 其西に小戸山有。 中隈山に並て海邊也。 中隈と小戸の間をおはまと云。

小戸の西を妙現崎[2]と云。 則妙現の社[3]有。 此地平なる岩也。 百合若大臣の馬の足型と土民の稱するくぼりたる所多し。

妙現の西の濱をくすの濱と云。 生の松原に續けり。 此三の濱共に蒙古を防し石塁今に残れり。 町の北を廻れる川を長柄川と云。源なし。

姪濱の町より南に隈山有。五島山有。

姪濱の内に凡寺17區あり。 その内眞言2、天台1、禪宗10、浄土宗1、眞宗3有。 神社5區、叢祠18宇有。

時代は『筑前国続風土記』より100年余降るが、『筑前国続風土記拾遺』巻之43 早良郡 上 姪濱村并浦に当時の賑わいの様子がよく描かれている。

民居は本村上野間町 下野間町 宮前 北小路 新町 三ヶ町 魚町 當方(とうぼう)[4] 旦過町 畠町 弥丸町 西町 又浦分に東網屋 西網屋ノ都合14丁あり。 愛宕下元禄14年(1691)始て民家建岳山此処の人家は尤古し。今は(わずか)に2戸あり。等なり。

廣村東西6町南北4町にして商農工商漁夫雑居して生産豊賑にして西郡の咽喉なり。

城下より肥前國長崎平戸唐津等にいたる宿驛福岡魚町の四辻に至て1里9町志摩郡今宿驛に至て1里11町あり。 にして國君の行館あり。 又海辺には舩入ありて常に旅商の舩絶ることなし。

村の四辺に東より西に連りて小山あり。 所謂浦山即愛宕山なり。興雲寺山浦山の西に續く丸隈山道場山とも云。 中隈山小戸山あり。以上海辺なり。 南に隈山今興徳寺山といふ。五塔山以上は田間にあり。又茶臼山百坊山ほとけ山等あり。

(あこめ)濱の名ハ丸隈山と中隈山との間にあり。今ハアクマ濱といふ。宗像社古縁起に皇后御帰坐之時2月4日筑前國早良郡姪濱仁着給。御衣裳を干されし所を(あこ)と申。八幡愚童記にハ12月4日に着給ひ袙云々。とあり。 又男濱中隈と小戸との間木津濱古湊小戸山と妙見との間也なと濱辺に在。

村の東に室見川あり。西に長柄(ナガラ)川十郎川あり。(後略)

右の名所図絵は左右が連続して描かれている。 東構口の手前には万正寺が描かれている。

海晏山 興徳寺の後方に立つ煙は石炭が燃えているものである。 西構口の様子もよく描かれている。

ルート(概算距離:4865m)27

Top