お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 唐津街道» 前原宿まいばる

前原宿は筑前国の一番西端の宿で、この先(西)の多久川を渡ると、天領・怡土郡中津領である。 その為、ここには国への出入りを厳しくチェックする番所が設置されていたという。

他に筑前国で番所が設置されていた宿場は、ここと、 長崎街道黒崎宿長崎街道原田宿の三箇所であった。

筑前国続風土記拾遺』巻之50 志摩郡下に下記の記載がある。

民居四所町(上中下) 筒井原 新屋敷 尾頭(おとう)(承應2年開発枝郷にて別免なり。)

宿驛(怡土郡中津深江に通)にて國君の行館及番所在。 (昔の本村ハ舞岳山の麓にあり。慶長の比迄ハ路傍に人家なくして今の駅西に松原ある所にて傳馬せしと云。 貞享年中移居せり。安永年中迄ハ本村跡にも人家4戸有しか、近年は絶てなし。)

村北に川一流有。 和泉川(一名砂魚川)といふ。新田村にさかへ(境)り。

ここでは前原(まいばる)宿より次の深江宿の手前までをご紹介する。

ルート(概算距離:8507m)55

Top