お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

旧街道» 唐津街道» 今宿駅いまじゅく(旧:志摩郡谷村 現:福岡市西区今宿)

概要

街道はここより海岸線から内陸部に入り前原宿へと進む。 『街道と宿場町 (アクロス福岡文化誌)』によると今宿は貞享2年(1685)頃、前原-姪浜間の距離が長いという理由で設けられたとの事。

筑前国続風土記拾遺』巻之48 志摩郡 上 谷村(今宿驛)の項に下のような記載がある。

民居本村(谷村)今宿(上町横町松原)是也。 今宿ハ宿驛にて早良郡姪濱より此驛まて1里、此驛より當郡前原驛に至りて2里民家多し。 海に漁して運漕の利多く(すこぶる)富有の地なり。(本編に此宿は永禄の頃(1558-1570)) 産神ハ怡土郡上原村の祇園社なり。

右の『筑前名所図会』では、宿場全体が描かれている。 手前が博多湾である。

町の構成は、東から東構口→横町(国道202号線沿)→中町(徳正寺の付近)→上町(上町天満宮の付近)→西構口の順である。

参考:今宿の構口 | 唐津街道歴史研究所

ここでは、今宿より次の前原宿の手前まで記載する。

経路

ルート(概算距離:3606m)26

Top