お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

旧街道» 唐津街道» 原町はるまち(旧:宗像郡光岡村 現:宗像市原町)

概要

赤間宿から南西方向に坂を下り、国道3号線を横切ると原町がある。 原町には宿場はなく、旅で疲れた旅人の小休止する場所であった。

筑前國続風土記拾遺』巻之37 宗像郡 中 光岡村の項に下記の記載が見られる。 「原町」の項はなく、その北側の光岡村の項に少し原町の解説が掲載されている。

民居2所有。 本村原町是也。 此村古名ハ嶺村と云り。 又本村の内に都留と云小名あり。 慶長の頃(1596-1615)當郡に都留村有。 是其遺名也へし。 此村下の側を釣川と云。 都留より出たる名なるへし。 (慶長5年の頃當村の田畠53町3段6畝有。 都留村の田畠12町5段6畝有。 今當村の田畠94町9反8畝餘有。 是都留村と合せて一村と成たる事を知へし。 其数の古への2村の高より多くハいつれの村も治世となりてハ、 開墾の地多き事此村のミに非す。 めつらしからす。) 此村の東邉は即官道なり。

ここでは原町より次の大穂町の手前まで記載する。

経路

ルート(概算距離: 737m)6

Top