お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 唐津街道» 箱崎宿

箱崎は福岡・博多の東側の玄関口の役割を果たしていた。 藩主が参勤の為江戸に向かう時には、福岡城からここまでは立派な大名行列装束で 行進。ここで旅装束に着替え筥崎宮に参拝し江戸に向かった。 帰国の際には、家老・主な家臣・お目見えをゆるされた町民などがここに集まり迎えた。

箱崎宿の御茶屋は、箱崎2丁目10番にある天満宮の付近にあったという。 (箱崎御茶屋 | 唐津街道研究所を参照のこと。)

『筑前國続風土記拾遺』巻之39 表糟屋郡 上 箱崎村の項に下記の記載がみられる。 当時はかなりの規模の村であったようである。箱崎の名の由来も記載されている。

民居本村 原田枝郷 浦分等にあり。 青柳宿より博多へ至る官道の駅也。 廣村にして村浦人家(およそ)450軒(ばかり)有。(中略)

昔ハ那珂郡の内なりしか、いつの(ころ)より糟屋郡にハ属しけん。慶長の郡村帳に既に糟屋郡に入たり。 箱崎と云由ハ、往古八幡大神降誕の時、御胞衣を筥にして此浦に蔵めしよりおこる名と云。 其昔ハ葦津浦といひけるとなん。 崎とハ此地東北の入海多々良潟也南に周りて糟屋郡と古しへハ入海を隔たり。 因て博多の方より砂土東北に連り全く海中の崎なりしか、後世漸く海浅せて数村の佃となりしより、此地糟屋郡と土地連りて遂にハ(かの)郡に属せしと見へたり。 此処のミならす國中の海邉にハかかる地理の所多し。

ルート(概算距離:2491m)11

Top