お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 唐津街道» 深江宿ふかえ

『筑前国続風土記』巻之22 公領の項に下記の記載がある。

○深江

藻藍草に、深江の郷と有。 和名抄には、怡土郡に深江の郷なし。 此村は前原を去事1里24町西に在て、海邊に在村也。 町有。民家多し。

前原の西の方には此宿驛ばかりなり。 是より西は肥前濱崎も馬驛有。 深江より濱崎へ3里22町有。 深江海は古歌にもよめり。

(以下は深江神社の由来についての記述であるので省略。下の深江神社の項を参照のこと。)

右の『筑前名所図会』で深江神社,羅漢橋正覚寺など現在の位置に描かれている。

深江宿は二丈地理全誌によれば慶長4年(1599)より唐津領、元禄4年(1691)より公領(幕府領)、さらに享保2年(1717)より中津領という変遷を辿った。 常夜灯の西側に延寿院があり、境内に「中津領」の領界石がある。 深江宿の郊外にある万歳山 龍国寺は、 住職が変わるたびに中津城への就任の挨拶の旅に出たという。 そのコースは下のとおり。

1.福岡城下→篠栗→飯塚→香春→ 新町 →椎田→中津城下
2.福岡城下→青柳→赤間→木屋瀬→黒崎→倉城下→苅田→大橋→椎田→中津城下

帰り道は、往路の逆をそのままたどった和尚、英彦山参詣・大宰府参詣をして帰ってきた和尚もいたようである。
1.英彦山 → 小石原 →甘木→二日市→福岡城下
2.椎田→ 油須原 →秋月城下 ... → 宰府 →二日市→福岡城下

ルート(概算距離:14765m)99

Top