お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

旧街道» 唐津街道» 畦町宿あぜまち(旧:宗像郡疇町村 現:福津市畦町)

概要

案内板の内容をそのまま記す。

畔町は、昔(藩政時代)筑前黒田藩が指定した27宿駅(しゅくえき)の一つであった。

慶長5年(1600)関ヶ原合戦の後、黒田長政が筑前の国主として入国するころまでは、まだ 人家も少なかったが、寛永19年(1642)唐津街道の整備に際し、青柳(あおやぎ)(古賀市)と 赤間(宗像市)との間、約4里(16km)が遠すぎるということで、当時の鳥ノ巣村(とりのすむら)[1]本木村(もとぎむら)[2]の一部を街道沿いに集め、 宿駅(しゅくえき)として新たに成立したのが 畔町村である。 当時100余軒の戸数があり、480余人が住んでいた。街道を行き交う人も多く商家が多かった。南北に 通じる街並みの入り口の両脇には構口があり、御制札所(ごせいさつどころ)や役人詰所はあった。

宿場町として栄えた畔町村も明治年代以降は、宿駅廃止(しゅくえきはいし)や鉄道などの 交通路線の変更と共に宿場の機能を失った。今では、宿場通りも古い家は建て替えられ、 昔の家並みは少なくなったが、「杉ぼて」や「卯建(うだつ)」など江戸時代のたたずまいが 残っているところもあり、宿場町の名残りが感じられる。 - 文:平成11年度 福間町公民館主催ふるさと再発見教室

天明8年(1788)旧暦4月23日、司馬江漢は江戸を出発。長崎街道を通り長崎に到着。その後、平戸島を通り平戸街道御厨筋伊万里に到着。 そこより、徳須恵-浜崎を通り、博多-箱崎と旅をした。天明9年(1789)(旧暦)1月16日、畦町に止宿した。 下の記事は『江漢西遊日記 (東洋文庫)』の抜粋である。当時の情景を垣間見ることができる。

天明9年(1789)(旧暦)1月16日
天気。出立せんとす。老婦色々取り揃へ飯出す。
茶、梅干、他に金子を添えて餞別とす。
5時(午前8時)少し過て発足し、程なく箱崎八幡、往来なり。
参詣す。
海の中路見へる。
玄海じま、鹿(志賀)の嶋など云嶋々見へ、能き景色。
夫より松原を通り、昼比より雨降り出していよいよ大降りとなる。
青柳(アオヤギ)に至り昼食す。
これ迄4里あり。爰より駕籠にのる。
雨益々つよし。路、皆山坂、(ウネ)町((あぜ)町カ)と云う所、これ迄2里あり。
(トヒ)やに参、人足を頼みければ、
最早(もはや)七つ時(午後4時)過なれば、(これ)にお泊り」
と云う。雨ヤマず。
「夫なら泊るべし。(アガ)る処ありや」と云いければ、
「イザ是へ」と云。
見るにサッぱりとしたる所一間あり。
タゝミもよし、
窓より外を見れば、漸く一重の早梅(ソウバイ)のさやかなり。
土瓶に能き茶を入れ、茶ウケ香の物、味噌づけ、沢庵づけ、菜づけ、色々皿に盛り出す。
亦酒を買ふて呑。
夫より飯出す。
爰元(ここもと)は魚は一向になし。
玉子フハフハにして出しけり。
今利(伊万里)路にて足の甲はれ痛む。夜に入り雨止ず。

引用文中に出てくる、「玉子フハフハ」は2018年畦町宿場まつりで、調理する所を公開されていた(右上の写真)。 玉子の白身をかき混ぜ泡立て、それを沸騰間近のゆで汁に流し込み。最後に黄身を足す。 作者も味わったが、さっぱりとした味であった。

2013年 唐津街道畦町宿保存会の方々によって宿駅内の要所要所に案内板が設置された。 宿駅内を散策する人にとってありがたい。

ここでは畔町宿より次の青柳宿の直前までのポイントを順次記述する。

経路

ルート(概算距離:7740m)42

脚注

Top