お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 唐津街道» 青柳宿

ここでは青柳宿より次の香椎宿の手前までを記載する。

案内板をそのまま記す。

唐津街道は豊前(ぶぜん)小倉から肥前唐津(ひぜんからつ)までの街道で、 長崎街道に対して内宿(うちじゅく)通りと呼ばれました。青柳宿は慶長10年1605 ごろ川原村(かわばるむら)の住民によって上町が、青柳村良仙寺(りょうせんじ) の住民によって横町ができ、寛永2年1625に青柳村古屋敷の住民によって下町・仲脇が つくられ本町が出来上がり、承応(じょうおう)2年1653には新町が加わり、 宿場としてほぼ整いました。

宿場は長さ244間444mあり、出入り口に構口(かまえぐち)が設けられ、現在、 西の構口の石積みが残っています。宿には藩主が宿泊・休憩する御茶屋(おちゃや) がありました。また町茶屋(まちちゃや)は上と下に二軒あり、藩主の従者や武士たちが利用しました。

宿の最盛期には103軒ほどありましたが、江戸時代を通じて84軒前後でした。 江戸時代に二回、明治初年に一回の大火に見舞われています。 唐津街道は黒田藩・唐津藩が参勤交代で通り、文政8年1825からは、薩摩藩も通っています。

ルート(概算距離:8036m)29

Top