お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 唐津街道» 赤間宿

赤間(あかま)の名前の由来については、近くの七社宮(ななしゃぐう)(七社神社)前の案内板に 次のような神話が書いてある。

神武天皇が、当地をお通りになった時、道に迷われました。その時赤い馬(●●●) に乗った威容のある老人が現れ、天皇をご案内しました。里人はこれは神がお導きに なったと信じ、この地を神地としてあがめました。

芦屋宿»赤間宿»原町»大穂町»畦町宿へと続く唐津街道のメインルートと、 これより東の猿田峠を越えて進む長崎街道の木屋瀬宿(赤間道)あるいは、 涼天満宮(底井野往還)に向かうルートの分岐点であった。

下に『筑前国続風土記拾遺』巻之38 宗像郡 下 赤間村の項を引用する。 当時の賑わいが伺える。

官道の驛なり。 鞍手郡木屋瀬驛より此処に至りて3里29町、是より當郡畝町驛[1]に至りて2里あり。 宿内に國君の行館あり。 町の長(こん)西南より(うしとら)東北に至りて5町あり旅店あり。 工商農人雑居し人寰多く連れり。 街衢3條あり。 通筋上番中番下番の名有、本町横に在町なり。いにしへ垂水峠を越て、鞍手郡赤城峠へ通りし通衢にして、 此処の最初の人居なりし故に本町の名有といふ。 田町芦屋街道なり。 石丸村七社神を産霊とす。 むかし赤馬院内又赤間庄といひしハ今村(ことごと)くハ傳らす。 朝町 多久 須恵 三郎丸 土穴 野坂等ハ赤間院内なるよし。 中比は鞍手郡に属せし物に見えたり。

右に法然寺の脇にかかげてある案内図の写真を掲示する。 よくできた案内図で新旧の対比ができる。

ルート(概算距離:4067m)12

Top