お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 日田街道久留米城路» 吉井宿

ここでは吉井宿から次の日田までのルートを掲載する予定である。 ここから日田へは2つのルートがあったようである。 即ち、筑後川を渡り日田街道福岡城路と合流するもの、筑後川南岸を東進し日田に入るもの。 本ルートの詳細は作者があまり理解していません。誤った情報も混入している恐れが十二分にあります。 これから詳細は調査して順次更新してゆく予定です。 本項の下に作者のメモを記します。

吉井宿の成立について、町中の案内板に非常にわかりやすく記載されているのでそのまま引用する。

かつて吉井町は田畑に水が無く穀物の収穫も少なく農民の飢えを見かねた5人の庄屋たちが久留米の有馬藩に筑後川から水を引き入れる工事の嘆願書を出しました。 この嘆願書には「これらの工事に掛かる費用は私共、五人の庄屋が全部持ち受け決してお上にはご迷惑をかけませぬ」と書かれていました。 寛文4年16641月11日工事が始まり長野村(吉井町)の入口には5人の「はりつけ台」が立てられ、 これを見た人々は「五人屋どんを殺すな」とばかりに老人、女、子供までがこの水路工事にかかり、 寛文4年16643月に人工の川(南新川)が完成しました。

川の新設工事の成功によりこの地方は有馬藩有数の穀倉地帯となりました。 南新川が田畑を潤すだけでなく唐臼(からうす)、水車が造られ精米、製粉、酒造、製麺、櫨蝋(はぜろう)、菜種油などの工業、商業の豊かな町造りの基盤となりました。

また寛文3年1663有馬藩下町久留米と天領日田を結ぶ豊後街道の中心として吉井に宿駅が新設されました。 吉井の宿場町は豊富な穀物を地主商人などが商品化、 販売し莫大な冨を蓄え、 その後「分限者(ぶんげんしゃ)どん」の住居造りが始まりました。

寛延元年1748、文化12年1815、明治2年1869に大火に見舞われ「分限者どん」たちは冨を象徴する白壁土蔵の防火対策の住居を競って造りました。

明治、大正と繁栄を見せた白壁土蔵造りの吉井の町並みも第2次世界大戦の経済・社会の変動の中で失われていきましたが、 平成8年12月に福岡県で初めて(全国で44番目)国の重要伝統的建造物保存地区の選定を受け、修理修復が行われ保存されています。

右写真の『宝暦12年1762吉井の図』(ご注意:南が上です)によれば、町割りは西から、天神町・下町(本町?)・中町・上町・堀田町の5町の構成であったようである。 浄満寺の門前に木戸らしき印がみられる。

ルート(概算距離:11372m)36

Top