お寺めぐりの友看板

PC版

旧街道» 日田街道久留米城路» 田主丸たぬしまる(旧:筑後国竹野郡恵利村 現:福岡県久留米市田主丸町)

概要

『田主丸町誌』によれば、この町は諸説あるが慶長年間(1596-1615)には成立していたようである。 町割りは、西から出町・横町・中町・上町・祇園丁・新町(下新町・中新町・上新町)・橋口の順であり、493間半(約583m)。 天保期(1830-1844)にはこの7町は総称して「田主丸町」と呼ばれていた。 横町の構口脇に別当長兵衛、上町に別当次兵衛の屋敷があり、この二人が町の運営にあたっていたらしいという。

町中には多くのカッパ像が登場する。 メインストリートの南側(町南を流れる古川沿)の道もなかなかのものである。

ここでは山川町追分の先から善導寺-田主丸を経て吉井宿の直前までのルートを掲載する。

経路

ルート(概算距離:17006m)31

脚注

Top