お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 日田街道福岡城路» 湯町

『日田街道その歴史と美展』によれば、「万葉集」にある次田温泉(すいたのゆ)[1]が初見で、 西海温泉、鎮西温泉、西府温泉、武蔵温泉などとも呼ばれたが、昭和25年1950から二日市温泉と改称して現在に至るという。

筑前國続風土記拾遺』巻之18 御笠郡 4 武蔵村の項に下の記事が見られる。

武蔵、塔原2町に係れり。温泉ハ川の両邉所々に出浴する者多し。 武蔵寺の縁起に此湯の始て出しことは白鳳12年癸未6836月8日のことゝいへり。 此處ゟいと近き處に湯原といふ田の字二日市村内あり。若ハ万集によめる湯原も此地ならんか。(後略)

参考:『筑前國続風土記』巻之9 「湯町」「塔の原」の項

ここでは二日市宿札の辻から湯町までのルートを記す。 本ルートは、今昔マップ の地図1922-1926を参考に作者が想像したルートである。 実際のルートとは異なっているかもしれない。

ルート(概算距離:1026m)12

Top