お寺めぐりの友看板

PC版

旧街道» 日田街道福岡城路» 志波宿しわ(旧:筑前国上座郡志波村 現:朝倉市杷木志波)

概要

筑前21宿の内の一つと言われている。

筑前國続風土記』巻之11 上座郡の項に下記の記載がある。

志波(しは)(杷木(はきの)市)

むかし此所を(とおら)市の里と云。 後代に志波氏の人居たりし故に名付くと云。

志波に町あり。 豊後日向へ通る驛路也。 本村もあり。 うしろに左右良(までら)山あり。 前に千年川あり。

志波の町に毎年2月27日より市がたつ。 此事池田村に詳にしるす。 (以下略)

同じ『筑前國続風土記』巻之11 上座郡 池田村の項に概略下記の記載がある。

池田村の把伎二所大明神前で毎月27日に「把伎(はき)の市」が開催されていたが、 畑の耕作に支障がありいつの頃か久喜宮に移された。 その後栗山大膳が志波の町を盛りたてるためにここ志波に移した。 その為に昔は志波で開催されていた市も「把伎の市」と呼ばれていたという。 池田村はここ志波より東4kmほどの所にある。

志波宿の北側には古刹である廣大山 普門院, 龍光山 円清寺が伽藍を構えている。

参考:『筑前國続風土記拾遺』

経路

ルート(概算距離:3013m)17

脚注

Top