お寺めぐりの友看板

PC版

旧街道» 日田街道福岡城路» 二日市宿ふつかいち(旧:筑前国御笠郡二日市村 現:筑紫野市二日市)

概要

二日市宿の周辺の宿駅は、福岡城下博多、長崎街道山家宿原田宿宰府である。 福岡・博多の人々は陸路で長崎方面へは、 二日市宿を経由して、山家宿あるいは原田宿より長崎へ下った。 また、天領日田方面から甘木宿経由で福岡・博多への往来も多かったのではなかろうか? 宰府は二日市宿より至近距離の為、ここに立ち寄った旅人は宰府詣もしたのではなかろうか? このように、江戸期は国中の交通の要衝のひとつであったと思われる。

筑前國続風土記拾遺』巻之17 御笠郡 三に下記の記事がみられる。

二日市村(名義本編に出たり。)

民居は1所に町をなせり。(外に野添に作出1戸有) 宿驛にして國君の行館あり。 2水は武蔵村よりいで1水は紫村より来る。 各村下似て1にあふ。 此下流本編に載たる白川なり。 (近邉宰府村の境内に垣内といふ圃あり。 昔檜垣嫗か住し屋敷址といふ。) 又村の東8町はかり(田野際)に大岩3あり。 鯰石といふ。 (里人傳説あれといたつかはしけれはもらしぬ。) 又沓石(池田)といふもあり。 白川は名所なり。 後撰并に檜垣集に歌あり。(後略)

ここでは、東構口から、次の甘木宿までの街道について記述する。 宿場内の各ポイントの情報は『日田街道 - その歴史と美-展』による。 宿場内は前コースGoogle Street Viewが可能です。 こちらもお楽しみください。

経路

ルート(概算距離:15982m)68

Top