お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 秋月街道» 千手宿

『筑前國続風土記』巻之12 嘉麻郡の項に下記の記事がみられる。

村中に千手寺あり。 これに依て村の名とす。 本尊千手観音也。 此寺山間にありて閑寂(かんせき)なる境地也。 其側に石塔有。 里人は、天智天皇在位:668-672御陵(みささぎ)なりと云。 天智天皇の御子に嘉麻郡を賜りし事あり。 其人天皇の崩じたまふ後に、 是を立給ふと云。 然れども梵字など(なお)さだかに見ゆ。 さのみ久しき物にあらず。 いかなる人に墓所にや。 いぶかし。 又千手町とて宿驛あり。 長政公入國の後より立し所也。

ここでは、千手宿から次の秋月城下までのルートを記載する。

ルート(概算距離:6841m)25

Top