お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 秋月街道» 野町宿

『筑前國続風土記』巻之10 夜須郡の項に下のような記事がみられる。

○野町

此町は、秋月町より西の方、筑後の松ヶ崎[1]に通る馬次の宿也。 秋月より2里あり。 野町より西の方、松ヶ崎の驛へゆくに、其間1里6町あり。 是より筑後へも肥前[2]へも通る大道なり。 秋月と野町の間彌永町あれど、 馬驛に非ず。 野町は、むかし野原にて町はなかりしが、 黒田長興此所を馬驛とせば宜かるべしとて、 寛永14年1637に始て町を立てたまふ。 依井村の枝村なり。

秋月街道をゆく 』によれば、宿場内には、本陣・番所・人馬継所があったとある。 現在この場所には当時の面影を残すものは、 当時からあったと思われる信覚寺以外は何も残っていない。 右上図は秋月藩が1813年-1820年の間に測量した図を元に作成されたものである。 宿場内には2つの大きく左右にカーブする枡型の道の構造が見られるが、拡張工事によって現在はほぼ直線的な道となっている。 宿場の西の端に真新しい石碑があるのみである。

ここでは、野町宿から次の松崎宿までのルートを記載する。

ルート(概算距離:4600m)11

Top