お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 秋月街道» 猪膝宿

ここでは、猪膝宿から次の大隈宿までのルートを記載する。 南構口にある案内板の内容を下に記す。

猪膝宿は香春から筑前大隈を過ぎ、八丁峠を越えて秋月に至る、通称「猪膝街道」の宿場町でした。

天正6年1587のころ、中村国武という人が香春〜大隈の間に宿場がなく、通行人が困っているのを見て、猪膝に宿駅(宿場の宿)をつくり、通行人の苦労を助けました。中村国武という人は、南北朝の時代1336-1392に金国山城の城主となられた菊池武盛という方の10代目の子孫です。詳しいことは、この公園内の石碑に書いてあります。

猪膝は豊前国・筑前国の国境にあり、小倉藩にとって重要なところでした。このため、藩は猪膝宿の整備をはかり、本陣(大名・幕府役人・藩役人などが宿泊した藩公認の宿舎)をつくりました。町の中央部にある密厳寺の近くが本陣跡といわれています。参勤交代のとき、薩摩藩・熊本藩・柳川藩・久留米藩・佐賀藩などの大名が宿泊・休憩・馬継などに本陣を利用しました。

猪膝宿の町並みは「北の構口(かまえぐち)」から「南の構口」までおよそ850mありました。「北の構口」は「御旅所(おんたびしょ)」のすぐ近くにあります。「南の構口」は「大刀洗(たちあらい)の井戸」のところで、構口の一部がのこっています。

この宿場町には旅籠屋(はたごや)が数軒あり、造酒屋・造醤油屋・両替屋・小間物屋・米屋・魚市場・こうじ屋・菓子屋・桶屋・畳屋・鍛冶屋・鋳掛屋(いかけや)・屋根師・紺屋(こうや)(染物屋)・髪結(かみゆい)などがありたいそう賑わっていました。

町の中央部に藩主巡検のとき、藩主が休憩のために出入りするときだけに使われた「御成門(おなりもん)」がのこっています。

作成日 2014年10月 中村一族の会

参考:田川後藤寺~猪膝宿~大隈峠~大隈宿~千手宿~八丁峠~秋月宿

ルート(概算距離:5082m)18

Top