お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 秋月街道» 秋月城下あきづき

『秋月街道をゆく』によれば、 この地は戦国末期、秋月氏の城下町として栄えていたという。 その後秀吉により秋月氏は日向に転封となり、衰退していった。 元和9年1623黒田長興の分封後再び城下町としての体裁が整えられたという。

『筑前國續風土記』巻之10 夜須郡の項に町の様子を描いた部分がみられる。 一部引用する。 ちなみに『風土記』の編者貝原益軒の妻貝原東軒は秋月藩士の娘である。

(前略) 此里山林景色うるはしく、薪水の便よく、材木乏しからず。 且山中の土産多き事、國中第一也。 海味は、博多並豊前の蓑島、筑後の柳川より来る。 谷ふかき山ふところなれど、 山嵐(さんらん)瘴気(しゃうき)深くして、(しつ)にあたるうれひあり。 且寒気もはげし。 此所に出口4あり。 北は八丁に、西は長谷山口、南は湯の浦に、東は野鳥口なり(中略)

秋月の土産此内江川より出るもの多し。 木煉柿味能して京畿の産に似たり。 大栗丹波の産に似たり。 椎實 楊枝まつ葉なり。川より出る。 江茶長谷山秋月江川に多し。黄楊木(つげき)古処山に産す。薯蕷(やまいも)長大にして味よし。且ほして山藥にすべし。江川長野川底よりいず。 ところ出所同上。獨生(うど)出所同上。同上。多し。 葛粉江川に多し。又嘉摩郡の桑野よりも来る。江川に産す。菎蒻(こんにゃく)江川山中に多くいふ。秋月にて製するは、其形他所の製より甚大なり。江川に製するは黒く大也。藤大蓼(またゝび)(たけ)舞覃(まふたけ)椎覃(しゐたけ)(もとゆひ)他所よりすぐれてよし。故に甚多くうる。土産門に詳記す。()の柄上秋月江川より出。()持丸村及近村にて多く作る。 白砂古処山より出づ。盆山に用ゆ備後砂の如し。小鱒(えのは)江川にあり。(あゆ)他所の産より味よし。國中第一。鰷腸醢(うるか)味よし。

上で頻出する「江川」とは、秋月城下を流れる野鳥川の事と思われる。 上の土産物は現在でも秋月の界隈で売っていそうなものばかりである。

ここでは、秋月城下から次の野町までのルートを記載する。 この地域はお寺が集中している、 それぞれの地点の表題横のボタン「4km以内の寺院検索」をクリックしてみて下さい。 一日で20ヶ寺近いお寺を一気にお参りすることができます。 現在、本ルートはほぼ全てGoogle Street Viewが有効です。

ルート(概算距離:8367m)37

Top