お寺めぐりの友

PC版

旧街道» 赤間道

長崎街道の木屋瀬渡より遠賀川の渡しを越えたところより始まる。植木から猿田峠 → 吉留(よしとめ) → 赤間までの街道である。

植木については、九州絶佳選-植木の町に詳細が記載されている。

筑前國続風土記』巻之13○植木の項に下記の記述がある。 段落・ふりがな・注釈は作者が挿入した。

東北の方黒崎木屋瀬を過て、(ここ)に来り、 西の方へ通る宿驛也。 此地にも那君の行館あり。 是より赤間へ行く。

民家多し。町の後なる所に、倡優(わざおぎ)[1]の すむ町あり。 家數30軒程あり。是空也上人を祖とし、専九品念佛(くほんねんぶつ)[2] をのみ修行せり。(村中の田の字に、九品田と云所あり。是九品念佛の料田なりしにや。) 今は歌舞傀儡(かぶくわいらい)を以て其(わざ)とす。 博多聖福寺の寺中、志摩郡泊村の大日、遠賀郡蘆屋の念佛の類なり。 此地の倡優は聖福寺の名をかりて、寺中と號す。

又町の西に大池[3]あり。南北5町(545m)、東西4町(436m)あり。 水多くして、國中にて凡23の大塘[4]なり。 下の田地を浸す。此地に蓮、芡實(みずぶき)[5]多し。

筑前國続風土記』のいう「那君の行館」の場所については現在作者は確認がとれていない。

赤間道のルートについては、そのほとんどを『唐津街道―豊前筑前福岡路 (豊前筑前福岡路) (九州文化図録撰書 (5)) 』を参考にしている。 街道を実際に歩く際には携行されると良い。作者も常に携行して歩いている。

ルート(概算距離:14996m)54

Top