仙厓義梵(せんがいぎぼん) GIBON SENGAI

人物伝

在世期間 寛永3年1750~天保8年1837

博多の臨済宗妙心寺派の聖福寺の元住職で 仏画・書の達人である。博多の庶民との親交も広く、庶民を題材にした絵も多数残っている。 著作権の問題で彼の書画は掲載できないのが残念。

2009-10-12福岡市美術館で開催された「仙厓展(九州大学文学部所蔵中山森彦コレクション)」を 観に行った。禅画なのだが現代の漫画に通じるところもあり鑑賞する人が百人いれば百通りの解釈 ができるような書画が多い。見学に行く前は、書籍・インターネットなどでしか観た事がなかったが、 実際に鑑賞して改めて感心した。ニヤニヤしながら鑑賞できた。

参考:年表

Links

七代目市川團十郎のこと

博多中洲の先端部分にある中島公園の東側の片隅(下地図参照)に「七代目市川團十郎博多来演の碑」(十代目 市川■■■銘)と記された石碑がひっそりと立っている。

すぐ脇の電柱に、はかた博物館提供の案内板が貼ってある。 その内容を下に記す。 仙厓の気骨が伝わってくる逸話である。

お江戸では市川ニ(いちかわに)かは知らねども
           みますところは海老(えび)の面ン玉

江戸の風紀引締で、江戸所払(ところばら)いになった千両役者市川団十郎(海老蔵)、 天保バブル真っ只中の天保5年1834の博多へ。 36日間の興行収入は、〆て2、450両也。

ある日、団十郎は虚白院(きょはくいん)に仙厓和尚を訪ねたが、生来の狷介不羈(けいかいふき)が災いし、 和尚の機嫌を損ねて、待ちぼうけを喰わされ、やっと小僧を介してもらった一片の書物が上の狂歌。

ここで、虚白院とは、博多区御供所町にある幻住庵境内の建物。 仙厓が隠栖していた所(下地図参照)。

少し離れて「旧浜新地(はましんち) 天保5年7世市川団十郎来演 中洲歓楽街発祥」の石碑がある。

仙厓老人六歌仙

仙厓が誰でも訪れる老いの様子を歌った歌を紹介する。自戒の念を込めて・・・。とくに、4、5、6は作者も気をつけよう。

1「しわがよる ほくろができる 腰曲がる 頭が禿()げる ひげ白くなる」

2「手は震う 脚はよろつく 歯はぬける 耳は聞こえず 目はうとくなる」

3「身に添うは 頭巾(ずきん)、襟巻き、杖、眼鏡、湯婆(たんぽ)温石(おんじゃく)尿瓶(しびん)、孫の手」

4「聞きたがる 死にともながる 淋しがる 心がひがむ 欲深くなる」

5「くどくなる 短気(きみじか)になる 愚痴になる 出しゃばりたがる 世話やきたがる」

6「またしても 同じ話に 子を褒める 達者自慢に 人はいやがる」

年表(推敲中)

西暦和暦年齢記事
1750寛延3年0 (伝)美濃国 伊藤甚八の次男として出生
1760宝暦10年11 美濃市清泰寺空印円虚(くういんえんきょ)(臨済宗古月派)のもとで得度。法名:義梵
1768明和5年19 行脚の途につき、武蔵国永田(現横浜市南区永田町)の東輝庵(現在は宝林寺に併合)の月船禅慧(げっせんぜんね)(古月派)の元に入門
1781天明元年32 月船禅慧遷化
1781-1788天明元年-天明8年32-38 唯一の資料であった仙厓作の『行雲流水記』が大正期に散逸しほぼ彼の活動内容は不明
1788天明8年38 聖福寺第122世住職盤谷紹適の招きによりに聖福寺入寺
1789天明9年39 聖福寺第123世住職に就任
179849 本山妙心寺からの瑞世之儀(紫衣を受け、本山の住職になる資格を得る儀式)出席の勧めを断る
180051 聖福寺の再興に着手。禅(僧)堂を再興
180253 二度目の瑞世之儀の案内を断る
180455 三度目の瑞世之儀の案内を断りきれず聖福寺にて実施(居成瑞世之儀)
180556 湛元等夷(たんげんとうい)が弟子となる
181162 仙厓は湛元を聖福寺第124世住職に就任させ、 自分は引退
181262 虚白院に移る
1834天保5年85 七代目市川團十郎が虚白院を訪問(上の記事、七代目市川團十郎のことを参照)
1837天保8年 湛元、檀徒からの寄付を集める折、黒田藩家老野村隼人が応じなかった為野村家の位牌を寺外に放り出す。 その為藩から謹慎処分を受ける。同年京都行脚。これが、謹慎中の無断旅行の(かど)で宗像大島に流罪
1837天保8年88
1851嘉永4年 湛元流罪を赦され、箱崎長性寺に隠棲