空海()[弘法大師] KUKAI

在世期間
宝亀5年774~承和2年835
人物伝

「平安時代初期の僧で真言宗(しんごんしゅう)の開祖、 弘法大師(こうぼうだいし)の称号で親しまれている。 延暦23年(804年)遣唐使の留学僧として唐に渡り、当時の最先端の学問を学んだと言われている。 天台宗の開祖である最澄(伝教大師)とともに奈良仏教から平安仏教への流れを作った第一人者である。 また、嵯峨天皇・橘逸勢(たちばなはやなり)と合わせて「三筆」といわれており有名な書道家でもある。 日本で最初に開いた真言密教のお寺である東長寺 は「真言宗の教えが東へ長く伝わることを 願いに込めて名づけられた」と言われている。」

--- 『はかた情緒めぐり』(はかた情緒めぐり実行委員会)より。 ---