貝原益軒幼少の学習の場所(かいばらえきけんようしょうのがくしゅうのばしょ)  THE PLACE OF CHILDHOOD LEARNING OF EKIKEN KAIBARA

  • 石碑
    石碑 

場所

福岡県飯塚市八木山  MAP

概要

石碑脇の案内板によれば、益軒8才1638から、11才1641までの幼年時代を過ごした場所で広さは40坪の宅地とのこと。 益軒1630-1714については、言うまでも無く作者が常に利用している『筑前國続風土記』の作者である。

詳細は貝原益軒 - Wikipediaを参照のこと。

たまたま、飯塚市内の寺院にお参りに行く途中に八木山峠を走っているとき発見した。 石碑の後ろには建物もあった。 が、取材に訪れたとき、ちょうどこの場所で地元の農家の方々の集まりがあっていて、邪魔してはいけないと思い、写真を十分撮影できませんでした。 またの機会に撮りなおします。