伊藤常足旧宅(いとうつねたりきゅうたく)[福岡県鞍手郡鞍手町] TSUNETARI-ITO FORMER RESIDENCE

  • 全景
    全景 

場所

福岡県鞍手郡鞍手町大字古門  MAP

歴史

案内板の内容をそのまま記載する。

伊藤常足旧宅は、江戸時代後期の天明6年1687に建てられたもので、 国学者伊藤常足(安永3年1774~安政5年1858)が13才のころから起居されていた居宅です。

伊藤家資料の記録で古図面に基づいて推定復元されたもので、 広い土間を置き、 美しい竹天井を持った田の字形平面の間取りは、 この地方の古民家のあり方を示しています。

旧宅は平成元年より2年かけて、 鞍手町を代表する文化財として、ふるさと創生事業で修理復元を行いました。

平成7年1月9日、福岡県指定文化財の史跡として指定されました。

平成7年9月吉日 鞍手町 鞍手町教育委員会

ひとくちメモ

常足は、東路日記(あずまじにっき)を著した上底井野の商家の内儀の 小田宅子(おだいえこ)の歌の師匠でもあった。 『東路日記』にも賛文を載せている。

写真

  • 全景 - 側面から撮影
    全景 - 側面から撮影 
  • 座敷
    座敷 
  • 内部
    内部 
  • 内部
    内部 
  • 内部
    内部 
  • 内部
    内部 
  • 内部
    内部 
  • 内部
    内部