油山(あぶらやま)  MT. ABURAYAMA

  • 山頂への道標 - 展望台下100mの所
    山頂への道標 - 展望台下100mの所 

場所

福岡市南区  MAP

概要

油山は福岡市の南部に位置し市内のほぼ全域から見える600m足らずの山である。 緑が多く、ここから西方を望むと福岡市内はもとより玄界灘を一望できる。 福岡市民の憩いの場所である。

福岡市民が油山と呼ぶのは、油山、西油山、荒平山全般のようである。 作者は福岡市に延べ20年近く住んでいるが正確に油山の位置を把握したのは本記事を書いてからである。

名前の由来

『筑前國続風土記』 巻之21によれば下記の通りである。

聖武帝の御字にや、清賀と云る僧此山に住し、胡麻を 作り油を搾りて、怡土(いと)郡諸寺に遣しける。依之油山と云。

益軒は胡麻の油と言っているが、椿油と言う説もある。

ひとくちメモ

油山の展望台へ登る道の脇には正覚寺[油山観音] が伽藍を構えている。 このお寺も清賀上人ゆかりのお寺である。 広大な敷地のお寺で見どころも多数ある。お帰りの際にでも立ち寄られてはいかがか?

写真

  • 遠景 - 西区豊浜より撮影
    遠景 - 西区豊浜より撮影