久喜宮宿くぐみや(旧:筑前国上座郡久喜宮町 現:朝倉市杷木久喜宮)

概要

筑前21宿の内の一つと言われている。 筑前国最南端の宿駅である。 『筑前國続風土記』巻之11 上座郡 ○久喜宮町の項に「(これ)より南豊前國日田に行大道なり。」の記述が見られる。

筑前國続風土記拾遺』巻之21 上座郡(下)に下記の記事がみられる。

久喜宮村

民居は本村と町と両處に分る。 此町の内古町 中町 上町 新町の4町、 北側は若市村に属し、南側及横町は當村の内也。 此5町を併て他方よりは凡て久喜宮町と云。 豊後日田に通ふ宿駅なり。 此外猶田野の間人家所々に有。 村の南は大河の中流を限て筑後國生葉郡古川村 福久村 長野村 角間(かくま)村に堺へり。 國堺の小名惣て5名あり。

ルートのは日田往還(日田街道) | 旧街道地図・高低図を参考にした。

経路

愛宕神社 標高: 37.9m MAP 4km以内の寺社検索

鳥居
鳥居 
愛宕神社前の街道 - 日田に向って撮影
愛宕神社前の街道 - 日田に向って撮影 
境内の石仏
境内の石仏 

久喜宮宿は何処が入口で何処が出口なのか作者は知らない。 とりあえず、ここを西側の入口と考えよう。

境内の案内板によれば京都の愛宕神社より勧請されたようだが詳細は不明。 天明2年(1782)に再興され、火防の神様として祭られているとのこと。

神社境内には、木造の祠があり、多数の石仏が安置されている。

安岡酒造場 標高: 39.7m MAP 4km以内の寺社検索

酒造場前の昔ながらのベンチ(代表銘柄「朝喜久」の文字)
酒造場前の昔ながらのベンチ(代表銘柄「朝喜久」の文字) 
酒造場前の街道 - 日田に向って撮影
酒造場前の街道 - 日田に向って撮影 

昭和元年(1926)創業。 店の前にはレトロな雰囲気のベンチ。

寺群 標高: 38.7m MAP 4km以内の寺社検索

西宗寺
西宗寺 
長念寺
長念寺 
建立寺
建立寺 
寺群前の街道 - 日田に向って撮影
寺群前の街道 - 日田に向って撮影 

広い境内の浄土真宗本願寺派の3寺院がある。 壮観である。

日田に向って左手前から 足立山 長念寺光曜山 西宗寺。 街道を挟んで向って右手に江呆山 建立寺が立ち並んでいる。

須賀神社 標高: 38.5m MAP 4km以内の寺社検索

鳥居
鳥居 
境内の石仏群
境内の石仏群 
神社前の街道 - 日田に向って撮影
神社前の街道 - 日田に向って撮影 

境内には本殿の他石仏の安置された小祠が2宇ある。

縁起その他は未稿。情報を入手し次第追記します。

恵比寿堂 標高: 39.6m MAP 4km以内の寺社検索

恵比寿像
恵比寿像 
恵比寿堂
恵比寿堂 
恵比寿堂前の街道 - 日田に向って撮影
恵比寿堂前の街道 - 日田に向って撮影 

恵比寿堂は、街道脇にひっそりと建っている。 この恵比寿様は良いお顔をされておられる。 両脇に何やらとぐろを巻いた木がお供えされている。

淡島大明神 標高: 40.3m MAP 4km以内の寺社検索

堂内
堂内 
全景
全景 
淡島大明神前の街道 - 日田に向って左手前から
淡島大明神前の街道 - 日田に向って左手前から 

堂内には、中央に御神体と思しき石、両脇に弘法大師石像・観音石像が安置されている。 真新しい前掛けが掛けられ、地元の方々の信仰心の篤さを感じる。 お堂脇には猿田彦大神の石塔がある。

縁起その他は未稿。情報を入手し次第追記します。

杷木神社 標高: 48.4m MAP 4km以内の寺社検索

杷木神社 - 『筑前國続風土記附録(中)』挿絵
杷木神社 - 『筑前國続風土記附録(中)』挿絵 
杷木村・杷木大明神図
杷木村・杷木大明神図
『筑前名所図会』

未踏査。『筑前名所図会』上座郡の項に下記の記事がある。

杷岐二所大明神

杷岐の産神なり、祭る所神4座、2座は男神、2座は女神なり、此内1神ハ御母のよし、 いかなる神にや詳ならす、むかしハ大社なりしよし、大友宗麟か災にて廃せしなり、祭礼は正月元旦より年中に度々あるなり、末社4所あり

他に『筑前國続風土記』巻之11上座群 池田村の項・『筑前國続風土記附録』巻之27 上座郡 中 池田村の項にも記事がある。

宝珠山村追分 標高: 49.7m MAP 4km以内の寺社検索

寶珠山図
寶珠山図
『筑前名所図会』

ここが、宝珠山村ヘ登って行く追分であるという事は以前あったWEBサイトから知った。

1:50、000 chikeizu | Stanford Digital Repository(昭和初期)を見ると、林田→星丸→松末→赤谷(福井村に所属)→鼓→小石原のルートがある。途中、宝珠山村に迂回するルートもあることが確認できる。

右図のような奇岩がある所があったようだが、はっきりしたことは不明。

宝珠山村の記事は『筑前名所図会』(上座郡)、『筑前國続風土記』巻之11上座郡、『筑前國続風土記附録』巻之11 上座郡 下 に解説がある。

阿蘇神社 標高: 48.3m MAP 4km以内の寺社検索

未踏査の為未稿。

県境 標高: 53.5m MAP 4km以内の寺社検索

街道脇に県境石が立っている。

稲荷大明神 標高: 54.5m MAP 4km以内の寺社検索

未踏査の為未稿。

大神宮 標高: 75.0m MAP 4km以内の寺社検索

未踏査の為未稿。

清峯寺 標高: 71.8m MAP 4km以内の寺社検索

清峯寺日田三十三観音霊場第6番札所となっている。

北山権現宮 標高: 71.5m MAP 4km以内の寺社検索

当社の神殿は岩窟の中にあるようだ。

大神宮(夜明上町) 標高: 76.1m MAP 4km以内の寺社検索

未踏査の為未稿。

萩尾稲荷神社 標高:160.5m MAP 4km以内の寺社検索

未踏査の為未稿。

梵字岩 標高: 84.4m MAP 4km以内の寺社検索

全景(梵字岩は赤丸の中、矢印に従って梵字岩の前まで登れる)
全景(梵字岩は赤丸の中、矢印に従って梵字岩の前まで登れる) 
梵字(拡大)
梵字(拡大) 
梵字岩
梵字岩 
梵字岩の銘「右合力■■」「康永3年甲申」銘
梵字岩の銘「右合力■■」「康永3年甲申」銘 
梵字岩の銘「願書沙■■阿■■」
梵字岩の銘「願書沙■■阿■■」 
石灯篭と石仏
石灯篭と石仏 
石灯篭と石仏(拡大)
石灯篭と石仏(拡大) 
日田街道(街道は梵字岩の裏手と空性寺の間を通過)
日田街道(街道は梵字岩の裏手と空性寺の間を通過) 
梵字岩のある丘の上に立つお堂(未踏査)
梵字岩のある丘の上に立つお堂(未踏査) 

街道はこの梵字岩のある山の北側の山裾を通り、空性寺の西側に出てきたようだ。

「右合力■■」「康永3年甲申(1343)」「願書沙■■阿■■」という銘が確認できる。

梵字は釈迦如来を表す「バク」というもの。

修験者が山岳崇拝の修行の折に刻したものだとも推測されている。また、岳林寺の寺域の西端を示す印との説もある。(2015 2月 - 日田市光岡公民館より)

梵字岩へは石段伝いに登り、眼前で見ることができる所まで行ける。

前の道は舗装はされているが久大線の線路と絶壁の間の車が離合できない程の狭い道。 車の往来も多いのでかなり危険である。

この岩のある山の頂上にもお堂がある。作者は未踏査。

空性寺 標高: 79.1m MAP 4km以内の寺社検索

全景(左右方向の道は日田街道)
全景(左右方向の道は日田街道) 

空性寺は浄土真宗東本願寺派の寺院である。

岳林寺 標高: 81.5m MAP 4km以内の寺社検索

本堂
本堂 
全景(左右方向の道は日田街道)
全景(左右方向の道は日田街道) 

岳林寺は松陽山と号し臨済宗妙心寺派の寺院である。古刹である。

吹上観音 標高: 82.6m MAP 4km以内の寺社検索

全景(左手が観音堂、右手が吹上神社社殿) - 山の下の国道212号線より望遠にて撮影
全景(左手が観音堂、右手が吹上神社社殿) - 山の下の国道212号線より望遠にて撮影 
観音堂(両脇に仁王像が見える)
観音堂(両脇に仁王像が見える) 

吹上観音参照のこと。

次は 日田である。