石櫃追分(いしびつおいわけ)[薩摩街道] 旧:筑前国夜須郡石櫃村 現:福岡県朝倉郡筑前町石櫃ISHIBITSU FORKED ROAD

概要

  • 追分石(写真向って左手の道が薩摩街道・手前の道が日田街道) - 甘木宿に向って撮影
    追分石(写真向って左手の道が薩摩街道・手前の道が日田街道) - 甘木宿に向って撮影 

『筑前國続風土記拾遺』巻之19 夜須郡 上 石櫃村の項に下記の記事がみられる。

石櫃村

民居は2處に分かる。 本村及新屋是也。 中牟田の枝郷也。 中牟田は秋月領にて人家ハ石櫃の新屋につゝけり。 甘木往還なり。 此町の東の端より南に折て筑後國松崎に行官道有。 村の名義本編に詳なり。

ここでは、石櫃追分から松崎宿までルートを辿る。

ルート

石櫃追分 → 水神社 → 国境石 → 干潟の一里塚跡の碑 → 霊鷲寺 → 秋月街道との追分 → 松崎宿

石櫃追分 標高:32.7m MAP  4km以内の寺院検索

追分石(北面)
追分石(北面) 
追分石(西面)- 宿場内に向って撮影
追分石(西面)- 宿場内に向って撮影 
追分(前後方向が日田街道、右へ向かう道が薩摩街道)
追分(前後方向が日田街道、右へ向かう道が薩摩街道) 

北面に「左 豊後 秋月 日田 甘木道」、 西面に「右 肥後薩摩道」。 追分石は、風雪にさらされて痛みが激しい。

案内板によれば、石櫃は、当時は山家宿下宿(しもしゅく)として賑わい、 この追分石は山家宿の問屋、武作が世話人となって建てたという。


水神社 標高:23.5m MAP  4km以内の寺院検索

未稿


国境石 標高:23m MAP  4km以内の寺院検索

国境石
国境石 
国境石全景(左手に榎木の巨木) - 松崎宿に向って撮影
国境石全景(左手に榎木の巨木) - 松崎宿に向って撮影 

「従是北筑後國」「従是南筑後國」。

国境石裏手の痛みの激しい案内板(平成16年3月武蔵野市教育委員会・小郡市教育委員会)によれば、最初は木杭であったが、 18世紀中頃に小型の石柱にかわり、19世紀中頃までに現在のものに建て替えられたという。 花崗岩製。

筑後国境石筆者:久留米藩士、佐田周平1793-1865。 筑後国境石筆者:福岡藩書家、二川相近(すけちか)1767-1836

当時の地名は北側は筑前国夜須郡西小田村、南側が筑後国乙隈村。 現在の地名はそれぞれ筑紫野市西小田、小郡市乙隈。 当時は国境であったが、現在は市境となっている。

現在、国境石の向い(筑前側)には榎木の大木がある。 『薩摩街道文化財マップ』(小郡市埋蔵文化センター)によれば、筑後側には松が植えられていたという。


干潟の一里塚跡の碑 標高:22.2m MAP  4km以内の寺院検索

未稿


霊鷲寺 標高:18.9m MAP  4km以内の寺院検索

門前の街道(右手が霊鷲寺の参道口) - 松崎宿に向って撮影
門前の街道(右手が霊鷲寺の参道口) - 松崎宿に向って撮影 

霊鷲寺は瑞松山と号し、臨済宗南禅寺派の寺院である。 街道はこの三叉路を左に進む。


秋月街道との追分 標高:19.2m MAP  4km以内の寺院検索

松崎宿北口の道標
松崎宿北口の道標 
追分(写真中央のは国道500号線、写真中央やや左手の脇道の先に松崎宿北構口がある。薩摩街道は、写真右手の赤いパイロンの所)
追分(写真中央のは国道500号線、写真中央やや左手の脇道の先に松崎宿北構口がある。薩摩街道は、写真右手の赤いパイロンの所) 

街道はここで国道500号線と交差する。 ここで、秋月街道(国道500号線を南下)と薩摩街道が合流して、 松崎宿北構口に至る。