石堂橋口(いしどう)[篠栗街道] 旧:筑前國博多千代松原 現:福岡市博多区千代ISHIDOU BRIGE TERMINAL

概要

  • 大久醤油[長者原]
    大久醤油[長者原] 

ここでは博多の玄関口、石堂橋口から次の金出宿までのルートをたどる。

一部の箇所を除いて、このコースは車の往来がけたたましく歩道なども無い所も多い。街道歩きは交通事項・排気ガスに注意しながらとなるので覚悟が必要。時の流れには逆らえず。

ルート

石堂橋口→新茶屋→千代森神社→吉塚地蔵大菩薩→仲原の観音堂→旧道口→原町の小堂→原町の石碑→大久醤油(長者原)→岩崎神社(長者原)→光酒蔵(長者原)→乙犬の小堂→金出宿

石堂橋口 標高:7.4mMAP  4km以内の寺院検索

石堂橋口(左手は唐津街道、右手は篠栗街道) - 石堂橋を背にして撮影
石堂橋口(左手は唐津街道、右手は篠栗街道) - 石堂橋を背にして撮影 
石堂橋口のすぐ東側の篠栗街道 - 金出宿に向って撮影
石堂橋口のすぐ東側の篠栗街道 - 金出宿に向って撮影 
石堂橋 - 西に向って撮影
石堂橋 - 西に向って撮影 
石堂橋脇の猿田彦大神
石堂橋脇の猿田彦大神 

ここを、篠栗街道の始まりとしよう。 博多から石堂橋を通ってきた街道は、ここで唐津街道と篠栗街道とに分岐する。

石堂橋口の周辺は下町の風情を僅かに残すのみで、昔の遺構らしきものは何も確認できない。


新茶屋 標高:5.7mMAP  4km以内の寺院検索

新茶屋の図
新茶屋の図
『筑前名所図会』
交差点 - 金出宿に向って撮影
交差点 - 金出宿に向って撮影 
交差点の少し手前の町家
交差点の少し手前の町家 

ここと、南側の御笠川の間一帯は昔「新茶屋」と呼ばれていた。 (今昔マップの1922-26の地図では水茶屋と表記されている。)

4軒の茶屋があり、大変な賑わいだったようだ。 そのうちの一軒「若藤屋」の跡地には現在「常盤館跡」として石碑がたっている。元治元年平尾山荘から出発した高杉晋作はこの若松屋で月形洗蔵と待ち合わせをしたようだ。(GoogleMapの投稿より) 『筑前名所図会』の記事を下に記す。

新茶屋は石堂橋の東にあり、所謂千代の松原の境内にて土地最綺麗なり、冶遊郎白拍子(やゆうろうしらひやうし)つとひて三絃の聲常にたへす、4軒の茶亭にハ正木屋、若松屋、箱崎屋、若藤屋の柏戸あり山海の鮮魚、珍果をつらね、覇臺(はかた)の美酒を酌み、今様の風流に遊ふハ、いとはれらかなり、酒徒侠客ハ、夜よ夜よ喧しく家を忘るゝ、 無頼の少年も富人に劣らしと、(ひじ)をはるもいかめし、諸州の柏戸ハおおかれと、(この)酒宴に興を催すハ、たくひあるましくおほへはへる、誠に西州の一奇といふへし

右の『筑前名所図会』の図では、図の下側に左右に流れる川が御笠川と思われる。

この周辺は町家風の商店が一軒ある他は、昔の遺構らしきものは何も確認できない。


千代森神社 標高:5.3mMAP  4km以内の寺院検索

妙見社・稲荷社
妙見社・稲荷社
『筑前名所図会』
鳥居(左右方向が篠栗街道)
鳥居(左右方向が篠栗街道) 
門前の篠栗街道 - 原町宿に向かって撮影
門前の篠栗街道 - 原町宿に向かって撮影 
妙見交差点(街道は前方の高架下をくぐって進む - 神社前より撮影)
妙見交差点(街道は前方の高架下をくぐって進む - 神社前より撮影) 
境内風景
境内風景 
本殿と拝殿
本殿と拝殿 
拝殿
拝殿 

その昔、領主がこの地に社殿を建て妙見(北極星)を祀ったのが始まり。 当社周辺は鎌倉時代1185-1333頃、「千代の松原」と言われ風光明媚な海辺であった。 下って、戦国時代に入り大友氏の戦乱に遇い社殿は焼失。 元禄時代1688-1704、社殿が再興される。 宝永年間1704-1711稲荷神社が新たに建てられ妙見社との相殿で祭祀されるようになった。

この辺りは街道の要衝で、7本の道が合流する、(ちまた)であり、「七ケ辻」と云われていた。(以上門前の達筆な字で書かれた案内板より)

現在の妙見交差点は休む間なく車両が通行している。排気ガス・騒音などがけたたましい。 境内に入ると、うって変わって静寂の空間となる。 木々に覆われた境内はしっとりとした味わいである。


吉塚地蔵大菩薩 標高:5.8mMAP  4km以内の寺院検索

吉塚商店街入口(地蔵堂脇)
吉塚商店街入口(地蔵堂脇) 
地蔵堂
地蔵堂 

天正14年1568夏、島津勢力が九州平定を目指し岩屋城・宝満城を落とし8月立花城を囲む、八女の武将星野吉実・吉兼兄弟は300名余りを引き連れて出陣。毛利軍の豊前到着を知った島津勢は8月24日急遽立花城の囲いを解いて本国に撤退。星野勢は島津勢の撤退を助ける為、高鳥居城で防戦するも落城。二人も戦死。戦後、立花統虎は当地蔵堂に二人の首を丁重にあつかい現在の吉塚地蔵尊のあるこの地に葬った。

現代の街道は拡張工事の為、片側2車線。交通量の多い道となっている。 街道の痕跡などは確認できない。


仲原の観音堂 標高:6.2mMAP  4km以内の寺院検索

観音堂前の街道 - 篠栗宿に向かって撮影
観音堂前の街道 - 篠栗宿に向かって撮影 
観音堂
観音堂 
十一面観音像 - 観音堂内
十一面観音像 - 観音堂内 
頌徳碑(文字がかすれて判読しづらい) - 観音堂脇
頌徳碑(文字がかすれて判読しづらい) - 観音堂脇 
猿田彦大神(天保6年銘) - 観音堂脇
猿田彦大神(天保6年銘) - 観音堂脇 
遠景(左は扇端。左右に流れる川は須恵川)
遠景(左は扇端。左右に流れる川は須恵川) 

大木(樹名不詳、遠くからも目立つ)の下にある小堂。小堂内には石造の十一面観音像が安置されている。 脇には頌徳碑(文字がかすれて判読しづらい) と天保6年1835銘の猿田彦大神が立っている。 頌徳碑の最初の文面「戦後交通禍ノ頻発ハ子を持ツ親(後略)」となっており、終戦後に建てられたもののようだ。

観音堂前の街道は、現代では凄まじい交通量である。

『筑前國続風土記附録』巻之35 表糟屋郡 下の項に仲原村の記事がある。 それによれば、「志賀大明神社ジノキ」が産神とあるが、当社の場所は未確認。 また、『筑前國続風土記』巻之18 糟屋郡 表 下仲原村志賀大明神社の項に「田舎にしては大社なり」と失礼な事が書いてある。

この前の街道は何度も通ったが、いつも素通りしていた。 今回初参拝である。


旧道口 標高:5.6mMAP  4km以内の寺院検索

旧道口
旧道口 

ここで、県道607号線と別れ原町(はるまち)に入る。

今昔マップ(1922-1926頃)の地図では、この辺りから石碑の位置の街道の両サイドには集落があった事が確認できる。 街道の起点(石堂橋口)から金出宿までの距離が約3里。少し離れすぎている(作者の経験からして宿場間の平均距離は2里)。 原町あるいは、岩崎神社が鎮座している次の長者原町は旅人の一時の休憩地点の役割を果たしていたのだろう。

ここから先はしばらく旧道で狭い道であるが、南側を走る県道607号線の裏道として利用する車も少なくない。 歩道も無いので交通事故には十分ご注意されたし。


原町の小堂 標高:6.6mMAP  4km以内の寺院検索

小堂前の街道(左上に小堂が見える) - 金出宿に向かって撮影
小堂前の街道(左上に小堂が見える) - 金出宿に向かって撮影 
小堂内の石仏群
小堂内の石仏群 
小堂
小堂 
「高野山弘法大師」石碑(表)
「高野山弘法大師」石碑(表) 
「高野山弘法大師」石碑(裏)
「高野山弘法大師」石碑(裏) 

小堂は石垣の上にある。間口半間の御堂内にはぎっしりと石仏が安置されている。

ここからしばらくは平坦な道が続く。

小堂に登る石段脇に「高野山弘法大師」と書かれた自然石で造られた石碑がある。 表面に「明治二十年旧三月十八日午前十二時頃酒造営業御彼相成三十一年始之候」 裏面には保証人などの氏名がびっしりと刻まれている。

明治期にこの地で酒造業を創業した記念碑だろう。今は残念ながらこの付近に酒造業の建物があるのは確認できない。


原町の石碑 標高:12.2mMAP  4km以内の寺院検索

石碑
石碑 
石碑前の街道(石碑は右端のブロック塀の内側) - 篠栗宿に向かって撮影
石碑前の街道(石碑は右端のブロック塀の内側) - 篠栗宿に向かって撮影 
裏面(拡大・「正徳四甲午十月吉日」銘)
裏面(拡大・「正徳四甲午十月吉日」銘) 
表面(拡大・残念ながら文字は判読不能)
表面(拡大・残念ながら文字は判読不能) 

石碑は「正徳四1714甲午十月吉日」銘。 残念ながら表面の文字の判読は不可。

石碑は、一見してゴミ捨て場のような趣の塀の中に立っている。 うっかりすると見逃すので注意が必要。


大久醤油(長者原) 標高:17.2mMAP  4km以内の寺院検索

大久醤油前の街道 - 金出宿に向かって撮影
大久醤油前の街道 - 金出宿に向かって撮影 
大久醤油
大久醤油 

大久醤油は明治30年1897創業。大正天皇にも献上した醸造元である。

この辺りは道路拡張の為、当時の風情は残っていない。


岩崎神社(長者原) 標高:18.3mMAP  4km以内の寺院検索

門前の篠栗街道 - 金出宿に向って撮影
門前の篠栗街道 - 金出宿に向って撮影 
街道沿いの鳥居
街道沿いの鳥居 
参道途中の福北ゆたか線の踏切
参道途中の福北ゆたか線の踏切 
石段
石段 
相撲場
相撲場 
社殿
社殿 

参道口は街道沿いにあるが、そこから境内までは120mほど歩く。 途中、福北ゆたか線の線路を跨ぐ。 Google Mapでは鳥居をくぐって行くこの道の先は当社より少し離れているように表示されるが、 この道を道なりに歩けば境内の正面にたどり着く。(車は通行不可)

『筑前國続風土記附録』巻之35 表糟屋郡 下 の新長者原村の項に当村に当社、岩崎神社が鎮座しているという記事がある。

また、『筑前國続風土記』巻之18 に下記の記事がみられる。

長者原新長者町

下中原の境内に在て、博多より篠栗への大道の左右なり。其所に長者屋敷の址とてあり。礎少残るれり。 此長者何の時住しにや、いざしらず。太平記に、既に長者が原と云名あれば、久しき世の事なるべし。 元和年1615-1624中、長政公此処の西に町を立給ふ。是を新長者原町と云。博多より篠栗へ通る大道也。


光酒蔵(長者原) 標高:19.5mMAP  4km以内の寺院検索

光酒造前の街道 - 金出宿に向かって撮影
光酒造前の街道 - 金出宿に向かって撮影 
光酒造の看板
光酒造の看板 

「博多小女郎」ブランドで有名な光酒蔵は大正11年1922創業の光安酒造株式会社から昭和34年1959に分離独立した蔵元だという。(ホームページより)


乙犬の小堂 標高:24.1mMAP  4km以内の寺院検索

小堂脇の街道(小堂は白い手すりの橋の右手) - 金出宿に向って撮影
小堂脇の街道(小堂は白い手すりの橋の右手) - 金出宿に向って撮影 
小堂
小堂 
弘法大師(ピンぼけすみません)
弘法大師(ピンぼけすみません) 
不動明王
不動明王 

小堂内には弘法大師像・不動明王像が安置されている。 御堂が何時の頃からここにあったかはわからない。 この前後の街道は多々良川の支流の左手に沿って東に進む。 付近では当時の遺構などはまったく確認できない。

『筑前國続風土記附録』巻之35 表糟屋郡 下の項に乙犬村の記事がある。 それによれば、「八幡宮ジノキ」が産神とあるが、当社の場所は未確認。

次は金出宿である。