赤間関(あかまがせき)[山陽道] 旧:長門国長府藩領 現:下関市観音崎町AKAMAGASEKI STATION

概要

ここでは赤間関内のルートを掲載する予定である。

天明8年178810月2日(新暦 10月30日)、江戸から長崎へ向かう司馬江漢は赤間関に宿泊。 翌日、赤間関より長崎街道内裏宿に船にて渡る。 かなり難儀したようだ。『江漢西遊日記 (東洋文庫)』より引用する。

天気。風あり。爰は九州へ渡る処にして、小倉へ3里、大里へ1里半あり。

4時(午前10時)比より乗合船、尤も渡船は小舟なり。 西風強ツヨシ。故に船を出す事見合(みあわせ)居る。 退屈故に、岩国内坂氏より贈りし吸筒を取出し、酒を買ひ呑み、余る処は乗合ひの者に呑ませける。

のり合ひの者、「船を出さんかださんか」と口々に云ければ、(ようや)く船を出しけるに、西風だんだん(つよく)して、沖の方より大浪高く船の内に打込み、小倉は西に当り、内裏(だいり)(大里)は少し南にあたり、風すこし開きなり。

帆は横にまがり船かたぶき、潮、舟の内に入。屋倉(ヤグラ)に入りたる者は風呂に入りたる如く皆々(シゝ)たる者の如く、べ()をはき、誠に舟(クツガヘ)らんとす。 吾と1人飛脚(てゐ)の者、年50余、屋倉の上にのり、向ひ合い居たり。 其頭の上を浪飛越す故に、桐油(トウユ)を着て、浪を正写(セイウツ)しにせんとて、波の飛びあがるをのみ見しなり。是は酒の(ヨイ)爰にて発し、少しも舟に(ヨハ)ず。 爰に於て、酒は気を甚だ太くして呑むまじき物なりと知りけり。 夫故、漸く1里半、内裏(大里)へ半時のうちに付けり。 船中働く者、(わづか)に3人。「帆を(ヲロ)(ヲロ)せ」と呼びけれど、帆は風をふくみ一向下すことならぬものなり。船に打ち込むアカをかえるも此3人のみ。乗たる者は死人の如し。誠にあやうき事に逢ひけれ。

夫より岸に上がり、皆々ひとごゝち付たり。内裏(大里)と云処、町あり。(以下略)

この後、彼は小倉城下黒崎宿木屋瀬宿へと旅を続ける。

Links

山陰道 - Wikipedia浜田藩 - Wikipedia津和野藩 - Wikipedia

ルート

極楽寺→阿弥陀寺跡→本陣伊藤邸址→引接寺→赤間関在番役所跡→国分寺→本陣佐甲家→専念寺→馬関越荷方役所跡→永福寺→

極楽寺 標高:7.3mMAP  4km以内の寺院検索

極楽寺は願海山と号し浄土真宗本願寺派の寺院である。


阿弥陀寺跡 標高:5.9mMAP  4km以内の寺院検索

阿弥陀寺は聖寿山号し浄土宗の寺院であった。 以下、出稿中。


本陣伊藤邸址 標高:5.2mMAP  4km以内の寺院検索

案内板の内容を下に記す。

本陣 伊藤邸跡

伊藤家は鎌倉時代から続く下関屈指の名家。 室町・江戸時代には港町下関の指導者的な地位にあり、この地に広大な邸宅を構えていた。 室町時代は、下関の交通・流通などを掌握して朝鮮交易も行い、江戸時代には大年寄として町政を司る。 また、本陣を兼帯して九州諸大名の参勤時の休憩所となり、各藩の用達も行った。 特に、対馬宗氏(つしまそうし)とは前代から親密な関係にあった。

伊藤家はオランダ宿として名高い。 江戸に参府するオランダ商館長は、伊藤家と佐甲家の2つの本陣を下関の定宿とした。 歴代当主は進取の気性に冨み、開明的であったが、なかでも文化・文政期の当主杢之允盛永(もくのじょうもりなが)は、熱烈なオランダ趣味で、ヘンドリック・ファン・デン・ベルグというオランダ名を名乗り、ヅーフ、ブロンホフなどの商館長と親しく交際した。佐甲家に宿泊した商館医のシーボルトも杢之允から歓待されている。

また、幕末の当主杢之助(もくのすけ)(静斎(せいさい))は吉田松陰と交際し、助太夫(すけだゆう)(九三(きゅうぞう))は真木菊四郎や坂本龍馬を支援した。 とりわけ、慶應2・3年頃の龍馬は伊藤家を活動の拠点としていた。 近代初頭の明治5年6月、伊藤家は明治天皇の西国巡幸時の行在所となり、本陣としての最後の役割を終えた。

下関市


引接寺 標高:4.3mMAP  4km以内の寺院検索

引接寺は関亀山と号し浄土宗のお寺である。


赤間関在番役所跡 標高:4.1mMAP  4km以内の寺院検索

未稿。


国分寺 標高:6mMAP  4km以内の寺院検索

国分寺は高野山真言宗の寺院である。

街道を挟んで大國神社が鎮座している。


本陣佐甲家 標高:4.3mMAP  4km以内の寺院検索

未稿。


専念寺 標高:4.8mMAP  4km以内の寺院検索

未稿。


馬関越荷方役所跡 標高:2.8mMAP  4km以内の寺院検索

未稿。


永福寺 標高:5.1mMAP  4km以内の寺院検索

永福寺は重関山と号し、臨済宗南禅寺派の寺院である。