境原宿(さかいばる)[長崎街道] 旧:肥前国境原 現:佐賀県神埼市千代田町SAKAIBARU STATION

概要

  • 問屋場付近のえびす像
    問屋場付近のえびす像 

ここでは境原宿より次の佐賀城下の手前までを記載する。

境原宿 佐賀国道事務所によれば、境原宿もこの手前の神埼宿と同様に 明治7年1874に起こった佐賀の乱で、多くの家が焼けてしまい、当時の街並みの面影はほとんど残っていない。 ただ、恵比寿像だけは生き残ったようで宿場内に点在している。

境原宿は、宿場の出入り口である構口、または木戸がどこにあったのか、それとも、もともと無かったのか分からない。 そのため作者はどこからが宿内なのか判然としない。このことを詮索するのはあまり意味がないのかもしれない。

ここでは、浄覚寺から問屋場までを宿場内と仮定して掲載する。

ルート

浄覚寺→若宮神社前→問屋場跡→恵比寿像→郡境石→田んぼ風景→一里塚跡→佐賀城下

Link

境原宿へ|めがねのコクラヤ  境原宿 佐賀国道事務所


浄覚寺 標高:4.3mMAP  4km以内の寺院検索

  • 東原の町三叉路 -写真前方が浄覚寺
    東原の町三叉路 -写真前方が浄覚寺 

街道はこの三叉路を右側に向かってゆるやかにカーブする。

三叉路脇には浄覚寺が伽藍を構えている。浄土真宗本願寺派の寺院である。


若宮神社前 標高:4.2mMAP  4km以内の寺院検索

一の鳥居
一の鳥居 
肥前狛犬
肥前狛犬 
肥前狛犬
肥前狛犬 
本殿に向かう石橋-かなりの年代物である
本殿に向かう石橋-かなりの年代物である 
鳥居の柱
鳥居の柱 
鳥居の柱
鳥居の柱 
本殿
本殿 
原の町交差点(この先の角を右に曲がると問屋場跡) - 若宮神社の参道口を背にして撮影
原の町交差点(この先の角を右に曲がると問屋場跡) - 若宮神社の参道口を背にして撮影 
原の町交差点の恵比寿像
原の町交差点の恵比寿像 
原の町交差点より少し問屋場よりの恵比寿像
原の町交差点より少し問屋場よりの恵比寿像 

若宮神社はこの原の町交差点の北側の中地江川にかかる正一位橋を渡ったところに鎮座している。

一の鳥居は千代田町の重要文化財に指定されており、その両サイドの柱には作者は判読できないがびっしりと文字が刻まれている。 おそらく寄進者の名前ではないだろうか? また、本殿前には肥前狛犬が鎮座している。この狛犬は至ってシンプルな形をしている。

神社内の案内板によれば、元は別の場所(鷹取山)にあったものを佐賀藩祖の鍋島直茂が永禄4年1569に神埼6丁目牟田に 遷座した。

文禄元年1592には豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、安全祈願のため馬を奉献したという。それ以来佐賀藩主は代々献馬。 寛永18年1641に現在の場所に遷座されたという。

この原の町交差点の付近には3体の恵比寿像が鎮座している。(写真は2体であるが、もう1体はこのページの一番上に掲載している。) いずれの恵比寿様もその前には1円玉が多数お供えされていた。 ここも地元の方々の信仰心の深さを感じた。


問屋場跡 標高:5.5mMAP  4km以内の寺院検索

この付近には、その痕跡は何も残っていない。


恵比寿像 標高:5.3mMAP  4km以内の寺院検索

  • 恵比寿像
    恵比寿像 
  • 恵比寿像前の街道 - 佐賀に向かって撮影
    恵比寿像前の街道 - 佐賀に向かって撮影 

工場脇にひっそりと鎮座されている。


郡境石 標高:5.3mMAP  4km以内の寺院検索

郡境石
郡境石 
郡境石 - 遠景
郡境石 - 遠景 
佐賀市の標識
佐賀市の標識 

郡境石は街道沿いの民家と畑にはさまれた場所に立っている。 「従是西佐嘉郡、東神埼郡」

街道の反対側にはかなり古い「佐賀市」の標識が立っている。


田んぼ風景 標高:3.5mMAP  4km以内の寺院検索

  • クリーク
    クリーク 
  • クリークと田んぼ-佐賀に向かって撮影
    クリークと田んぼ-佐賀に向かって撮影 

この付近は写真のようなクリークが多数みられる。 街道はここを左にカーブして佐賀へと続く。


一里塚橋 標高:3.9mMAP  4km以内の寺院検索

  • 一里塚橋より少し手前の街道 - 佐賀に向かって撮影
    一里塚橋より少し手前の街道 - 佐賀に向かって撮影 
  • 一里塚橋周辺のクリーク
    一里塚橋周辺のクリーク 

橋の名前の由来は作者は知らない。名前のとおりここに一里塚があったのかもしれない。 このあたりは見渡す限り田んぼ・クリークである。

クリーク周辺にはハゼの木が植えられている。

次の宿場は佐賀城下である。