中原宿(なかばる) 旧:肥前国中原 現:佐賀県三養基郡みやき町 NAKABARU STATION

概要

  • 案内図
    案内図 

ここでは中原宿より次の神埼宿の手前までを記載する。

案内板の内容をそのまま記載する。

みやき町 長崎街道ものがたり3長崎街道・中原宿(なかばるしゅく)

中原宿の始まりははっきりとは分かっていませんが、正保(しょうほ)3年1646に幕府に提出された「正保絵図(しょうほえず)」には宿(しゅく)を示す記号があることから、このころには宿として成立していたと見られます。 また、元禄14年1701に幕府に提出された「元禄絵図(げんろくえず)」には中原村の記述と宿を示す記号があります。 中原村は鍋島藩の親類筆頭各(しんるいひっとうかく)にあたる白石(しらいし)鍋島家の知行地(ちぎょうち)となっており、中原宿は長崎街道の本宿(ほんしゅく)(公的な宿)でしたが、鳥栖の驫木宿と神埼の神埼宿の間の宿であったため、 規模は小さかったようです。

中原宿には6軒の旅籠(はたご)があり、道の北側には東から泉屋(いずみや)長崎屋(ながさきや)桜屋(さくらや)が、南側には東から松坂屋(まつざかや)大阪屋(おおさかや)岡崎屋(おかざきや)がありました。 看板の左手にある岡崎屋の2階の手すりには「中原驛岡崎屋御定宿(なかばるえきおかざきやおさだめやど)」の透かし彫りが残されています。

中原屋に宿泊した著名人には、洋画家の司馬江漢(しばこうかん)(天明8年1788)、 幕府測量方(そくりょうがた)伊能忠敬(いのうただたか)(文明9年1812)、 思想家の吉田松陰(よしだしょういん)(嘉永3年1850)がいます。 オランダ商館の医師シーボルトは中原宿について「われわれが休んだ中原の村で私は生垣(いけがき)がみんなムメサキウツギ[1]なのを見た。 おそらく日本で最も美しい潅木(かんぼく)のひとつであろう」と記しています。 現在、ウツギの木は祇園社の前に植えられています。

このほかにも江戸と長崎を往復したときのことを旅行記に記している人は多く、その日記を読むと当時の日本の風景が伝わってきます。

みやき町教育委員会

[1]メサキウツギ:どうやらウメサキウツギのことのようである。ムメサキウツギの件 | 佐賀の植物と自然を参照のこと。

ルート

中原宿入口道標 → 恵比寿像1 → 簑原の祇園社 → 中島茶屋と西の木戸の案内板 → 夜泣き地蔵尊 → 原古賀の祇園神社 → 東寒水交差点 → 子供守り地蔵尊 → 恵比寿像2 → 長崎街道道標 → 天満宮 → 吉田の祇園社 → 恵比寿像3 → 古い商家 → 田手神社 → ひのはしら一里塚 → 神崎宿

Link

中原宿へ|めがねのコクラヤ  中原宿 佐賀国道事務所


中原宿入口道標 標高:32.2m MAP  4km以内の寺院検索

  • 道標前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
    道標前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

道標は神埼宿に向かって左側に立っている。


恵比寿像1 標高:25.4m MAP  4km以内の寺院検索

  • 恵比寿像
    恵比寿像 
  • 恵比寿像前に街道
    恵比寿像前に街道 

ここは小さな三叉路になっており、街道は右側を神埼宿に向かって進む。 恵比寿像の前には花が飾ってある。


簑原の祇園社 標高:28.4m MAP  4km以内の寺院検索

祇園社
祇園社 
祇園社本殿前の狛犬
祇園社本殿前の狛犬 
祇園社の街道 - 神埼宿に向かって撮影
祇園社の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

祇園社前の案内板の内容をそのまま記載する。

みやき町 長崎街道ものがたり4「東の木戸口(きどぐち)と祇園社」

この祇園社周辺は、長崎街道の中原宿の東側の出入口付近にあたりますが、その当時の景色を偲ばせる資料の一つとして 大田南畝(おおたなんぼ)の「小春紀行(こはるきこう)」があります。 大田南畝は文化元年1804に長崎奉行下役(したやく)として奉行とともに長崎に下り、 文化2年180510月10日に長崎を出立して江戸に帰っています。 その帰路の紀行が「小春紀行」です。 その紀行文の一部を紹介します。 「(中略)・・・左に祇園の(やしろ)あり、木戸を出て砂川をわたりて松林を行く、左に石表(せきひょう)ありて 自是東養父郡(これよりひがししゃやぶぐん) 自是西三根郡(これよりにしみねぐん)と志るせり。」

この資料から、由緒は判明していないが祇園社が少なくともこの時には存在していたことや、祇園社の近くに 現在の国道34号線に合流するあたりに三根郡と養父郡との郡境を示す石柱があったことなどがわかります。 また、尾張(おわり)商人吉田重房(よしだしげふさ)(菱屋平七(ひしやへいしち)も 「筑紫紀行」に「(中略)・・・出口に小川あり価値("徒歩"の誤り?)よりわたる。少し坂を上りて四五丁は東ハ養父郡西ハ三根郡といふ境のしるしあり、 此あたり小松原中の山道なり。」と記しています。

他には当時を偲ばせるものとして、山の内川を渡って少し登ったところに三叉路があり、その入り口に二対の灯篭が建てられています。 そこは白石神社の参道の入口となって、中原宿は白石鍋島家の管轄下にあったことを示す一例と言えます。

また祇園社の西脇に小さな水路が流れています。これは「中原水道(なかばるすいどう)」と呼ばれ、 江戸時代初期に治水・利水の神様とも言われた鍋島藩家臣成富兵庫茂安(なるとみひょうごしげやす)公が 寒水川(しょうずがわ)の東側の田畑と中原宿のために造った用水路です。

街並みとしては中原宿は、残念なことに明治18年18858月14日に大火で大部分が消失してしまいました。 全80戸中77戸を飲み込んだ大火災だったようです。

みやき町教育委員会


中島茶屋と西の木戸の案内板 標高:23.7m MAP  4km以内の寺院検索

  • 案内板前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
    案内板前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

案内板の内容をそのまま記載する。

みやき町 長崎街道ものがたり2中島茶屋(なかしまちゃや)と西の木戸(きど)

現在、寒水川も架かっている橋を六ノ坪橋(ろくのつぼばし)と呼びます。 ◯◯の坪という言い方は、古代の条里制(じょうりせい)の呼び方の名残です。 橋を渡るとすぐ三叉路になりますが、南側の細い道が当時の長崎街道です。 街道に入ったところの集落を中島と呼びます。

享和2年1802にここを通った尾張の商人吉田重房(よしだしげふさ)(菱屋平七(ひちやへいしち))は、 「川を渡れば中島村、人家10軒ばかり茶屋あり」と記しています。

茶屋は旅行者に対して簡単な食事を提供するところで、当時貴重品だった白飯に焼き味噌や梅干、ガニ漬け、塩物などが出されていました。 このような食事のほかにもうどんやそば切りなどを出すところもあり、中島茶屋でも同じような食事が出されていたと思われます。 中原宿の中には茶屋がなかったため、このあたりで食事をとる人は中島茶屋を利用していました。

茶屋を抜け、坂道を登ったところに中原宿の西の木戸がありました。 寛永3年1850に中原宿に泊まった吉田松陰の記述によると、道路の左右から袖のように石垣が突き出て道幅を狭めており、 普段は門がなく、何か非常事態が起きたときに門をつけるような形だったようです。 木戸をくぐればいよいよ中原宿です。

みやき町教育委員会


夜泣き地蔵尊 標高:18.5m MAP  4km以内の寺院検索

  • 夜泣き地蔵尊
    夜泣き地蔵尊 
  • お地蔵前の街道- 中原宿に向かって撮影
    お地蔵前の街道- 中原宿に向かって撮影 

街道脇にひっそりと鎮座している。


原古賀の祇園神社 標高:24m MAP  4km以内の寺院検索

祇園神社
祇園神社 
本殿
本殿 
祇園神社前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
祇園神社前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 
本殿裏手の巨木
本殿裏手の巨木 

鳥居・狛犬に天明41784の銘がある。


寒水(しょうず)交差点 標高:25.7m MAP  4km以内の寺院検索

  • 交差点手前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
    交差点手前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

白壁の商家が見える。


子供守り地蔵尊 標高:23m MAP  4km以内の寺院検索

子供守り地蔵尊
子供守り地蔵尊 
子供守り地蔵尊前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
子供守り地蔵尊前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 
子供守り地蔵尊の裏側の石像
子供守り地蔵尊の裏側の石像 

地蔵尊裏側には多数の石像がある。


恵比寿像2 標高:23m MAP  4km以内の寺院検索

  • 恵比寿像
    恵比寿像 
  • 恵比寿像前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
    恵比寿像前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

この恵比寿像にも花が飾ってある。


長崎街道道標 標高:15.3m MAP  4km以内の寺院検索

  • 道標
    道標 

街道はここでふたたびR34と合流する。


天満宮 標高:14.1m MAP  4km以内の寺院検索

天満宮
天満宮 
天満宮前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
天満宮前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 
天満宮の狛犬
天満宮の狛犬 
天満宮の狛犬(拡大)
天満宮の狛犬(拡大) 
天満宮の狛犬(拡大)
天満宮の狛犬(拡大) 

狛犬のお顔がユーモラスである。


吉田の祇園社 標高:19.4m MAP  4km以内の寺院検索

祇園社全景
祇園社全景 
祇園社前の恵比寿像
祇園社前の恵比寿像 
祇園社少し手前の古い商家
祇園社少し手前の古い商家 
祇園社の灯篭 - 珍しいことに狛犬が乗っている
祇園社の灯篭 - 珍しいことに狛犬が乗っている 
祇園社の狛犬
祇園社の狛犬 
祇園社の狛犬
祇園社の狛犬 
祇園社前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
祇園社前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

街道はここで左に急カーブする。このあたりも車の往来が激しい。

祇園社の灯篭には珍しいことに狛犬が乗っている。対面には綺麗な花が供えられた恵比寿像が鎮座している。


恵比寿像3 標高:9.5m MAP  4km以内の寺院検索

  • 恵比寿像
    恵比寿像 
  • 恵比寿像前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
    恵比寿像前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

未稿


古い商家 標高:9.2m MAP  4km以内の寺院検索

古い商家
古い商家 
古い商家
古い商家 
古い商家
古い商家 

未稿


田手神社 標高:9.7m MAP  4km以内の寺院検索

  • 田手神社
    田手神社 
  • 田手神社前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
    田手神社前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

未稿


ひのはしら一里塚 標高:6.6m MAP  4km以内の寺院検索

一里塚の全景
一里塚の全景 
一里塚の頂上のいぼ地蔵尊
一里塚の頂上のいぼ地蔵尊 
一里塚前の街道 - 神埼宿に向かって撮影
一里塚前の街道 - 神埼宿に向かって撮影 

この一里塚をすぎるとすぐに次の神埼宿である。 一里塚前の案内板の内容を下記に記す。

神埼市史跡ひのはしら一里塚

(前略)

現在長崎街道沿線には当時の築山を残す一里塚は残されておらず、この「ひのはしら一里塚」が唯一の築山をのこすものです。

「ひのはしら一里塚」に関する記録は『御国中所々道法帳』に 「壱里山ひのはしらに有り」とあり、 また、「壱里山女達原村に有り」、「壱里山 本告牟田に有り」と記され、 このひのはしらの地と、東は目達原に西は本告牟田に一里塚があったことが分かります。

また、寛文5年1665の『肥前国古蹟集』には 「神埼縄手の火の柱の地蔵菩薩は石仏なり、霊験あらたにましまして、立願に入り豆をこのみ給う。 亦請願成就のためには人々土を高く集め御像をつき、篭り奉り事よろこび給う。 火の柱は高さ3間余にして広さ20畳の小塚なり。 背振弁才天に(たけ)くらべた給わんとして、土を畳むることを悦び給う。 火の柱と云事は櫛田宮の赤木の鳥居此処にありければいう。」 とあり、一里塚の頂上のイボ地蔵が祀られ、非常に高い築山であったこと、 ひのはしらの地名はここに赤木の鳥居があったことに由来することがわかります。

現在のひのはしら一里塚は、これらの記録に位置・規模ともに合致しており、他の地区の一里塚が消滅している現在、 頂部に祀られた「イボ地蔵」信仰により当時の規模・景観がそのまま残されたものと考えられます。 (後略)

平成19年2月28日 神埼市教育委員会

次の宿場は神埼宿である。