原田宿(はるだ)[長崎街道] 旧:御笠郡原田村 現:筑紫野市原田HARUDA STATION

概要

筑紫神社
筑紫神社 
火消法被(筑紫野市歴史博物館所収)
火消法被(筑紫野市歴史博物館所収) 
筑紫神社 原田駅(解説)
筑紫神社 原田駅(解説)
『筑前名所図会』
筑紫神社 - 『筑前國続風土記附録』挿絵
筑紫神社 - 『筑前國続風土記附録』挿絵 

原田宿は筑前六宿のひとつで、筑後・肥前と接した宿場である。創設は慶長16年1611ころと言われている。

原田宿内にはそれぞれの旧跡の前に金属製の案内板が設置されているが、残念ながら風化の為ほとんどが判読不能である。 関係組織の皆様の改修を切に望むものである。

ここでは長崎街道の原田宿より次の田代宿の手前までについて述べる。

1800年代の当時の様子は『筑前名所図会』に筑紫神社、東構口の位置関係がよく描かれている。

筑前國続風土記』巻之9 御笠郡下の項に下記の記載がみられる。

(はる)田村

筑前國田代に通る宿驛也。 此宿の西九町に、肥前筑紫筑前三國の境、大路の東小山の上にあり。 三國境と云。 此村は筑紫村の内也。 後わかれて二村となる。

筑前国続風土記拾遺』巻之18 三笠郡 4 原田村の東伯寺の項に下記の記載がある。

此駅より山家駅にゆくと二日市駅にゆくとの街(路)あり。筑紫神社の南側をゆけば山家に到る。 北ハ二日市に出る。

原田宿は長崎街道と、博多もしくは福岡に到る街道との追分の宿でもあった。

原田宿周辺の散策スポットはこちら

ルート

元禄時代の鳥居(筑紫神社) → 東構口 → 伯東寺前 → 御茶屋跡 → 西構口 → 三国境 → 長崎街道道標 → 街道が復活したところ → 地蔵堂 → 猿田彦 → 小倉の道標1 → 小倉の道標2 → 若宮八幡宮 → 基山の道標 → 天満神社 → 赤坂の道標 → 足洗川の道標 → 田代宿

Link

原田宿へ|めがねのコクラヤ


元禄時代の鳥居(筑紫神社) 標高:44.6m MAP  4km以内の寺院検索

元禄の鳥居の少し手前の街道
元禄の鳥居の少し手前の街道 
元禄の鳥居前 - 街道は右手の人の歩いている所
元禄の鳥居前 - 街道は右手の人の歩いている所 
元禄の鳥居
元禄の鳥居 
一の鳥居
一の鳥居 

街道は元禄の鳥居より参道を下って東構口に進む。

原田神社については筑紫神社 | 玄海の風に詳しく紹介されています。


東構口 標高:42.3m MAP  4km以内の寺院検索

  • 東構口
    東構口 
  • 追分石 「左太宰府天満参詣道」
    追分石 「左太宰府天満参詣道」 

筑紫神社の1の鳥居の前あたりに東構口があったと言われている。写真でご覧のとおり、構口の面影はなにも無い。


伯東寺前 標高:44m MAP  4km以内の寺院検索

伯東寺前の街道 - 田代宿に向かって撮影
伯東寺前の街道 - 田代宿に向かって撮影 
伯東寺内の”はらふと餅”案内板の絵
伯東寺内の”はらふと餅”案内板の絵 
”はらふと餅”をついたという臼 - 伯東寺本堂脇
”はらふと餅”をついたという臼 - 伯東寺本堂脇 

伯東寺は浄土真宗本願寺派の寺院でその山号を日東山という。

筑後国竹野郡筒井村にあった寺を延宝4年1676にこの地に移転したと言う。

本堂脇に原田宿の名物であった「はらふと餅」をついたと言われる石臼がある。 その案内板の絵を見ると当時の賑わいの様子がわかる。 ここにその案内板の内容をそのまま記載する。

はらふと餅とは、手のひらほどの大きな塩餡(しおあん)餅のことです。 険しい三国峠(みくにとうげ)冷水峠(ひやみずとうげ)を越えるときの "腹ごしらえ"として原田宿の名物になっていました。

近世後期から、江戸では、 小ぶりで砂糖餡の「大腹餅(だいふくもち)(のち大福)」が好まれるようになりました。 原田宿は長崎街道の宿場町で、 いち早く砂糖も通ったと考えられますが、 幕末に親しまれていた「原田宿のはらふと餅」は塩餡のままだったのか、 あるいは砂糖餡に変わっていたのか、 それを示す確実な史料は知られていません。

長崎街道 (大里・小倉と筑前六宿内宿通り底井野往還) (九州文化図録撰書 (1))』によれば、餅屋は東構口と筑紫神社の間にあったのではないかという記載がある。 時が過ぎ、その餅屋がなくなったときに臼をお寺内に持ち込んだものであろう。


御茶屋跡 標高:44.9m MAP  4km以内の寺院検索

  • 入り口
    入り口 

未稿


西構口 標高:47.4m MAP  4km以内の寺院検索

西構口 - 田代宿に向かって撮影
西構口 - 田代宿に向かって撮影 
案内板
案内板 
案内板
案内板 

西構口跡にはその痕跡は何も残っていない。 ただ、大きな案内板が3枚あるのみである。


三国境 標高:53.2m MAP  4km以内の寺院検索

二国境石-「是従東筑前國」
二国境石-「是従東筑前國」 
二国境石-「是従西肥前国対州領」文化4丁卯月建立の銘
二国境石-「是従西肥前国対州領」文化4丁卯月建立の銘 
国境石全景-中央が国境石、その両側の小さいのが傍示石
国境石全景-中央が国境石、その両側の小さいのが傍示石 
国境石-「是従東筑前國」 - 国道の反対側
国境石-「是従東筑前國」 - 国道の反対側 

この地点より直線距離で南東300mほどの三国山が筑前・筑後・肥前の三国を分かつ三国境である。

国道3号線脇に国境石がひっそりと立っている。

また、三国境石が国道の反対側の温泉施設アクアフォーレの裏山の山頂にある。 詳細は,ここ

この地の案内板の内容をそのまま記す。

国境石(くにさかいいし)

この境石は、肥前国(現在の佐賀県)と筑前国(現在の福岡県)の境界を示すものとして、文化4年1807対馬藩(つしまはん)と黒田藩との話し合いによって建てられました。 もとは、ここより東側15メートルの所に建っていました。 しかし、昭和60年度より一般国道3号のバイパス建設が行われたときに、境石の覆石(おおいいし)(基礎石) は南北の傍示石(ぼうじせき)とマンホールを建設してバイパス地下に現地保存して、その姿をここに復元しました。

当時、境石の建っていた地点は、国境の野地でそこに境界の「標」と考えられる松の木がありました。 その松の木が枯れたのを機会に境石を建てる議論が起こり、対馬藩は城戸村の庄屋、黒田藩は原田村の庄屋が 交渉にあたりました。 しかし、枯れた松の位置や野地の分け方について話し合いがつかなかったので境石の建設には、2ヶ年の歳月がかかりました。

境石の南側10.9メートルと北側11.8メートルの地点には、傍示石があります。 境石と傍示石は、二本の石柱を背中合わせにし、それぞれ「是従西肥前国対州領(これよりにしひぜんこくたいしゅうりょう)」 「是従東筑前国(これよりひがしちくぜんのくに)」ときざんでいます。また、これらの背中合わせにした線を 両国の境界としています。

境石は、高さ2.6メートル、太さ28センチメートル角の石柱で地中の覆石にはめこまれています。 また、傍示石の高さは、南側のものが1.5メートル、北側のものが1.2メートルです。太さは。いずれも28センチメートル角で 境石と同様に地中にはめこまれています。

昭和63年3月建設 建設省九州地方建設局


長崎街道道標 標高:53.6m MAP  4km以内の寺院検索

  • 道標
    道標 
  • 道標そばの街道-敷石が点在している
    道標そばの街道-敷石が点在している 

道標脇の街道が50mくらい続いてその先は行き止まりである。 その街道は敷石が残っている。


街道が復活したところ 標高:49.2m MAP  4km以内の寺院検索

  • 街道が復活したところ(この手前は雑木林となっている。) - 雑木林を背に撮影
    街道が復活したところ(この手前は雑木林となっている。) - 雑木林を背に撮影 
  • ここより街道が復活する - 田代宿に向かって撮影
    ここより街道が復活する - 田代宿に向かって撮影 

街道はこの手前の国道3号線のポプラ基山店付近からJRの線路を越えてこの地点に来るはずである。 その道は消失している。街道はここより復活する。


地蔵堂 標高:51.6m MAP  4km以内の寺院検索

  • 地蔵堂
    地蔵堂 
  • 地蔵堂前の街道 - 田代宿に向かって撮影
    地蔵堂前の街道 - 田代宿に向かって撮影 

田代宿に向かって右の少し高くなったところに鎮座している。


猿田彦 標高:42.9m MAP  4km以内の寺院検索

猿田彦
猿田彦 
猿田彦前の街道 - 田代宿に向かって撮影
猿田彦前の街道 - 田代宿に向かって撮影 
白坂陣屋跡と思われる建物 - 田代宿に向かって撮影
白坂陣屋跡と思われる建物 - 田代宿に向かって撮影 

巨大な猿田彦である。 取材中に近くの住人の方と思しき方がお参り手を合わせていた。 地元の方々の信仰心が厚いのであろう。

猿田彦の数10メートル先には白坂陣屋跡と思われる建物がある。この建物が何のためのものなのかは作者は知らない。(要調査


小倉の道標1 標高:43.4m MAP  4km以内の寺院検索

  • 道標- 田代宿に向かって撮影
    道標- 田代宿に向かって撮影 

街道右手に「長崎街道」の道標がある。


小倉の道標2 標高:34.7m MAP  4km以内の寺院検索

  • 道標前の街道(写真左隅に道標)- 田代宿に向かって撮影
    道標前の街道(写真左隅に道標)- 田代宿に向かって撮影 

「せきやかみはし」という橋を渡ると、街道左手に「長崎街道」の道標がある。


若宮八幡宮 標高:35.9m MAP  4km以内の寺院検索

若宮八幡宮
若宮八幡宮 
若宮八幡宮前の街道- 田代宿に向かって撮影
若宮八幡宮前の街道- 田代宿に向かって撮影 
鳥居前の猿田彦
鳥居前の猿田彦 
本殿前の獅子(文政<sub>1818-1829</sub>の銘)
本殿前の獅子(文政1818-1829の銘) 

鹿児島本線をふたたびまたぐとすぐ右手の丘の上に若宮八幡宮が鎮座している。

本殿前の狛犬には文政1818-1829の銘あり。


基山の道標 標高:30.4m MAP  4km以内の寺院検索

  • 道標- 田代宿に向かって撮影
    道標- 田代宿に向かって撮影 

道標の前の街道はかなりの交通量である。

道標脇の案内板の内容を抜粋する。

(前略)

街道沿いにある基山町は、田代宿(鳥栖市)と原田宿(筑紫野市)の間にあり、 約7.5kmの行程でケンペルの江戸参府旅行日記に、白坂、木山口などの地名が見える。 木山口町は、長崎街道沿いに正保2年1645成立した町で、 木山口若宮八幡宮縁起によると、千塔山の麓を開き町をつくり、 木山(基山(きやま))の入口に位置することにより、木山口と称したとある。 また、田代宿と原田宿の間にあって木山口宿とよばれ、現在も字名に"宿"の名をとどめている。


天満神社 標高:38.4m MAP  4km以内の寺院検索

境内風景
境内風景 
天満神社前の街道- 田代宿に向かって撮影
天満神社前の街道- 田代宿に向かって撮影 
大黒天
大黒天 
庚申尊天
庚申尊天 

境内には大黒天の石像があるが拡大写真を撮影しなかった。次回取材の際はこの写真も撮影しよう。

神社前には街道をはさんで庚申尊天が鎮座している。そこの案内板の内容を下に記載する。

長崎街道・今町

長崎街道は江戸時代、西洋文明への唯一の窓口だった長崎と、 小倉を結ぶ25宿・57里の往来でした。 鳥栖市内には、北が筑前原田(はるだ)宿・西が肥前中原(なかばる)へと通じる道筋が通り抜けていました。

今町は北の木山口(きやまぐち)~南の田代(たじろ)宿間の街並で、 街道沿いに(のき)を連ねるように家並が続いていました。 元禄絵図によれば、町立されたのは承応2年1653で、 通りの東は奈良田(ならた)村・西は柚比(ゆび)村に属していました。 合計30戸ばかりの家並が続いていたようです。

現在も街並はさほど壊されることもなく残り、 昔からの祭り"恵比寿(えびす)さん"も引き続き()り行われれています。

鳥栖市教育委員会

庚申尊天前の石碑には寛政10念(年)1798の銘がある。


赤坂の道標 標高:30.1m MAP  4km以内の寺院検索

  • 道標
    道標 
  • 道標前の街道- 田代宿に向かって撮影
    道標前の街道- 田代宿に向かって撮影 

「長崎街道左・原田宿へ(赤坂)」「長崎街道右・田代宿へ(赤坂)

道標付近の街道は上り坂になっている。


足洗川の道標 標高:20.7m MAP  4km以内の寺院検索

  • 道標
    道標 

「長崎街道左・原田宿へ(足洗川)」「長崎街道右・田代宿へ(足洗川)

この道標をすぎると間もなく田代宿内に入る。