伊万里宿(いまり)[唐津街道_佐賀長崎路] 旧:肥前国松浦郡伊万里村 現:

伊万里川
伊万里川 
川端の掲示されている古地図(と思われる)
川端の掲示されている古地図(と思われる) 
伊萬里神社社殿
伊萬里神社社殿 
伊萬里神社楼門
伊萬里神社楼門 

概要

「伊万里」の地名の由来は、紀飯麻呂(きのいいまろ)の伝説と条里制のふたつの説があるが、どちらも確証はないという[1]。 中世以前の当地の状況については、作者はよくわからない。 以下に作者がわかる断片的な事実関係のみ列挙する。

  • 伊萬里神社は香橘神社(こうきつじんじゃ)戸渡嶋神社(ととしまじんじゃ)岩栗神社(いわくりじんじゃ)が合祀され昭和37年1962に成立した。このうち、香橘神社は社伝では垂仁天皇の代に起源がある。[2]
  • 圓通寺は至徳年間1384-1386の創建。

伊万里焼は、有田(佐賀県有田町)を中心とする肥前国(現代の佐賀県および長崎県)で生産された磁器の総称。 製品の主な積み出し港が伊万里であったことから、消費地では「伊万里焼」と呼ばれた。 有田の製品のほか、三川内焼波佐見焼なども含む。 佐賀藩(鍋島藩)の藩祖鍋島直茂が豊臣秀吉の文禄・慶長の役1592-1598に参加したことをきっかけに、朝鮮から多くの陶工が拉致・亡命などにより佐賀へ渡った。これらの陶工によって有田における磁器製造が開始された。[3]

近世以降の伊万里はこの「伊万里焼」の流通拠点として発展したものと思われる。

伊万里より徳須恵の手前までのルートについて記載する予定である。

ルート

→本町→仲町→東新町→伊万実相山里玉屋跡→岩栗橋西→山ノ神神社→彦山十三塚社→地蔵→天照皇太神宮→自然石梵字板(3基)→自然石大神宮板石碑→唯法寺→水留地蔵堂→地蔵堂→観音像→天満神社→薬師堂→瑞巌寺跡参道口→えびす像→ 徳須恵

本町 標高:6.5mMAP  4km以内の寺院検索

商家
商家 
商家
商家 
古美術 肥前屋
古美術 肥前屋 
古美術 肥前屋
古美術 肥前屋 
石見屋呉服店
石見屋呉服店 
石見屋呉服店の看板
石見屋呉服店の看板 

有田川沿いに設置されている古地図と思われるものによれば、昔はこの辺りは西から順に本下町・中下町・上下町と呼ばれていたようである。

本下町の有田川の相生橋のたもとには、伊万里津積み出し場があった。 肥前で焼かれた磁器はここから全国・ヨーロッパなどへ運びだされたようである。(伊万里津積み出し場跡の案内板より)


仲町 標高:6.6mMAP  4km以内の寺院検索

北古賀金物本店
北古賀金物本店 
実相山北古賀金物本店の看板
実相山北古賀金物本店の看板 
北古賀金物本店前の街道 - 西に向かって撮影
北古賀金物本店前の街道 - 西に向かって撮影 
観音堂前の街道(右手が観音堂) - 西に向かって撮影
観音堂前の街道(右手が観音堂) - 西に向かって撮影 

有田川沿いに設置されている古地図と思われるものによれば、昔はこの辺りは仲町と呼ばれていたようである。

街道沿いには仲町観音堂がある。 御堂内は多数の繭玉・さげもんで飾られている。


東新町 標高:6.7mMAP  4km以内の寺院検索

書店
書店 
書店前の街道 - 西に向かって撮影
書店前の街道 - 西に向かって撮影 
御菓子 いづもや
御菓子 いづもや 
御菓子 いづもや前の街道 - 西に向かって撮影
御菓子 いづもや前の街道 - 西に向かって撮影 

このあたりも、昔ながらの町並みが続く。


伊万里玉屋跡 標高:8.4mMAP  4km以内の寺院検索

伊万里玉屋跡裏手の街道 - 西に向かって撮影
伊万里玉屋跡裏手の街道 - 西に向かって撮影 
伊万里玉屋跡裏手の街道 - 東に向かって撮影
伊万里玉屋跡裏手の街道 - 東に向かって撮影 
伊万里玉屋跡 - 岩栗橋より撮影
伊万里玉屋跡 - 岩栗橋より撮影 

伊万里玉屋は1966年に佐世保玉屋の支店として開店。 地上5階建ての店舗であったが2016年1月末に閉店した。


岩栗橋西 標高:6.8mMAP  4km以内の寺院検索

岩栗橋(前方の白い建物は伊万里玉屋跡) - 西に向かって撮影
岩栗橋(前方の白い建物は伊万里玉屋跡) - 西に向かって撮影 


山ノ神神社 標高:10mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。


彦山十三塚社 標高:21.9mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。


地蔵 標高:43.4mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。


天照皇太神宮 標高:27.8mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。


自然石梵字板(3基) 標高:29.2mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。


自然石大神宮板石碑 標高:29.5mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。


唯法寺 標高:19.8mMAP  4km以内の寺院検索

唯法寺は実相山と号し真宗大谷派の寺院である。

唯法寺の門前から30mほどの街道は畑の中を通っており、現在は消滅している。迂回が必要。


水留地蔵堂 標高:22.7mMAP  4km以内の寺院検索

地蔵堂
地蔵堂 
地蔵堂前の唐津街道(左手が地蔵堂) - 徳須恵に向かって撮影
地蔵堂前の唐津街道(左手が地蔵堂) - 徳須恵に向かって撮影 

御堂前の前後の街道の道幅は、昔のままのようだ。 水留地蔵堂参照のこと。


地蔵堂 標高:23.5mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。


観音像 標高:26.9mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。


天満神社 標高:14.2mMAP  4km以内の寺院検索

社殿(左)と通夜堂
社殿(左)と通夜堂 
僧形の石仏と石灯籠(文政7年銘) - 参道口脇
僧形の石仏と石灯籠(文政7年銘) - 参道口脇 
通夜堂に掛けられた多数の絵馬
通夜堂に掛けられた多数の絵馬 
通夜堂に掛けられた多数の絵馬
通夜堂に掛けられた多数の絵馬 
通夜堂に掛けられた多数の絵馬
通夜堂に掛けられた多数の絵馬 
参道 - 境内より撮影
参道 - 境内より撮影 
参道
参道 
天満神社の森(写真右手)
天満神社の森(写真右手) 
参道口前の- 徳須恵に向かって撮影
参道口前の- 徳須恵に向かって撮影 

参道口は街道脇にある。 そこには、僧形石仏と文政7年1824銘の石灯籠がある。

長い参道は田の中を通っている。 鳥居は3基あり、最初のものはかなり低い。

社殿の脇には大きな通夜堂があり、多数の絵馬が掛けられている。


薬師堂 標高:24.5mMAP  4km以内の寺院検索

薬師堂
薬師堂 
薬師堂前の唐津街道 - 徳須恵宿に向かって撮影
薬師堂前の唐津街道 - 徳須恵宿に向かって撮影 

薬師堂前の街道のすぐ東側には徳須恵川が平行して流れている。この川はこの先下って松浦川と合流する。


瑞巌寺跡参道口 標高:10.9mMAP  4km以内の寺院検索

門前の唐津街道(瑞巌寺跡の参道口は左手の白いガードレールが途切れた所) - 徳須恵に向かって撮影
門前の唐津街道(瑞巌寺跡の参道口は左手の白いガードレールが途切れた所) - 徳須恵に向かって撮影 
石塔群
石塔群 

瑞巌寺は竜谷山と号し禅宗寺院であった。

波多氏代々の菩提寺。 朝鮮出陣の時に波多親(はたちかし)は秀吉より改易され廃寺となった。 境内には石塔群がみられる。


えびす像 標高:7.9mMAP  4km以内の寺院検索

未踏査の為未稿。