唐津街道(からつかいどう)

概要

  • 原町にて撮影
    原町にて撮影 
  • 唐津くんち5番曳山「鯛」 - 浄泰寺門前
    唐津くんち5番曳山「鯛」 - 浄泰寺門前 

唐津街道は、大雑把に言えば下記のコースと言える。唐津街道は、主に福岡藩と唐津藩が参勤交代で使った。

小倉-戸畑→若松→芦屋→赤間(あかま)→原町(はるまち)→大穂町(おおぶまち)→畦町(あぜまち)→青柳(あおやぎ)→香椎(かしい)→箱崎→博多→福岡城下→姪浜(めいのはま)→今宿(いまじゅく)→周船寺(すせんじ)→前原(まいばる)→深江(ふかえ)→浜崎(はまさき)→唐津

ところが、『唐津街道を行く』によれば当然の事ではあるが、時間的変遷があり、特に小倉-赤間間 のコースが複数あるとの事である。すなはち、

  1. 若松道  :小倉 → 戸畑 → 若松 → 赤間
  2. 赤間道[1] : 小倉 → 黒崎 → 中の原 → 木屋瀬 →植木(うえき)→ 赤間
  3. 底井野往還[2]: 小倉 → 黒崎 → 中の原 → 中間 → 底井野 → 赤間
  4. 内往還  :小倉 → 黒崎 → 中の原 →則松(のりまつ)→ 吉田 → 中間 → 底井野 → 赤間

1の若松道がもっとも古く、文禄・慶長の役1592~1598で秀吉がこの若松道を経由して、唐津の名護屋城に 入り朝鮮出兵に備えたとされる。そのためこの若松道は「太閤道」とも呼ばれている[3]。 この時は秀吉は、本州より海路にて小倉に上陸して兵を進めたとある。 この若松道を通る唐津街道のコースの所々には太閤水(秀吉が休憩してお茶・水を飲んだところ)がある。

江戸期に入り、長崎街道が整備されはじめ徐々に若松道は利用されなくなり、唐津街道に沿ったコースで上記2のコース が利用されるようになったと言われている。

サラリーマンの作者の為、全コースに足を運ぶのはまだまだ先である。途切れ途切れで行った所を記載して ポイント間を徐々に埋めて行こうと思う。

唐津街道のルートについては、そのほとんどを下の書籍を参考にしている。 街道を実際に歩く際には携行されると良い。


地図

※地図中のマーカをクリックすると、その地点の詳細な案内へのリンクが表示されます。

より大きな地図(コントローラボタン付き)で地図を表示。